企業システムのクライアントを開発するのに使う技術が変われば、IT部門に求められるスキルも変わる。最も大きな課題は、JavaScriptを使いこなすことだろう。これまで企業システムでは主役とはいえない開発言語だったが、今後は重要度が高まる。

JavaScriptを熟知することが必要

 HTML5では、アプリケーションを制御するクライアント側のロジックは、JavaScriptで記述することになる。「本格的にHTML5ベースの情報システムを開発する企業には、HTML5とJavaScriptの両方を熟知した技術者が必要だ」と、NTTコミュニケーションズの小松氏はみる。

 インターネットで入手できるHTML5用のオープンソースライブラリーもJavaScriptファイルが多い。例えばグラフを描画する「gRaphaël」や「Highcharts」などがある(図6)。これらは無料で利用でき、簡単なカスタマイズでHTML5のアプリに組み込むことができる。効率的に開発するには、こうした外部のリソースを積極的に活用する開発スタイルも取り入れるべきだろう。開発を外部に委託する場合は、HTML5の知識やJavaScriptの利用に長けたITベンダーを選定する必要がある。

図6●HTML5の技術を使ってグラフなどを描画するオープンソースソフトウエアの例
JavaScriptで記述されており、HTMLファイルに呼び出すコードを数行記述するだけで使用できる
[画像のクリックで拡大表示]

 従来の開発ツールも、HTML5やJavaScriptに対応したものになる。マイクロソフトの「Visual Studio 2010」などがすでにHTML5に対応済みである。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら