現在の企業システムは、大きくC/S型とWebアプリケーション型がある。どちらにも長所、短所があるため、企業は使い分けているのが現状だ。

ネイティブアプリとWebアプリのいいとこどり

 しかしHTML5を利用すれば、それぞれの長所、すなわちネイティブアプリケーションの操作性の高さと、Webアプリケーションの運用しやすさを兼ね備えたシステムを構築できる(図2)。

図2●HTML5はネイティブアプリケーションとWebアプリケーションの利点を兼ね備える
ネイティブアプリケーションの操作性の高さと、Webアプリケーションの運用しやすさを両立できる
[画像のクリックで拡大表示]

 HTML5は、実際にはHTML5の仕様で定義されたHTMLファイルと、ブラウザー上でデータを処理するJavaScript、画面デザインを定義するCSS(カスケーディング・スタイル・シート)の組み合わせである。HTML5で定義された新しいタグを記述し、さまざまなAPI(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)をJavaScriptで呼び出し、使い勝手をネイティブアプリケーション並みに向上させる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら