最新のWeb技術「HTML5」を活用する企業の動きが広がっている。HTML5は単なるマークアップ言語ではない。グラフィックスから通信まで、従来のブラウザーにはなかった機能を実現できることから、企業システムを大きく変えそうだ。今後は、C/SシステムでもWebアプリケーションでもなく、HTML5が企業アプリケーションの主流になる可能性がある。

目次


出典:日経コンピュータ 2012年4月12日号 pp.64-71
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。