料理レシピサイトを運営するクックパッドは、「リーン・スタートアップ」を実践する企業として知られている。同社に入社する社員は、書籍「リーン・スタートアップ」を入社前に読むことが推奨されており、同書のアプローチに基づいてサービス開発を進めている(関連記事:理論を実践するクックパッド、補完ツールも作成)。

 同社が6月上旬に発表した、有名料理家などのレシピを販売する「(レシピストア」も、リーン・スタートアップの手法にならって開発したものである(写真1)。

写真1●クックパッドの「レシピストア」
リーン・スタートアップの方法論に従って開発した
[画像のクリックで拡大表示]
 レシピストアは、「著名な人たちにもレシピをアップしてもらいたい」という狙いで開発を始めた商品で、彼らへの対価を支払うためにレシピを20品をセット購入してもらうことになっている。しかし、開発に着手した当初は、「単品で購入するようにしていた」(同社ストア事業部 事業部長の石田忠司氏)。リーン・スタートアップの手法では、仮説を実際の顧客からのフィードバックを基に検証、その仮説が市場のニーズと違っていれば、すぐに軌道修正(ピボット)する。クックパッドでも、それにならって早い段階でピボットしたのだ。

仮説をもってデータに向き合う

 レシピストアの開発初期のころ、単品販売の実装が終わり、試作品を社内で試してみてもらったところ、「あまりウケが良くなかった」(石田氏)という。社内でのトライアルとして有料販売したのだが、多くの人がレシピの価値は認めるものの、お金を払ってもいいとまではいかなかったのだ。ここで最初のピボットが生まれる。

 「リーン・スタートアップ」に書かれている「5回のなぜ」に基づき、原因を追求して導かれた次の仮説は「編集されたレシピの集まりを求めているのではないか」というもの。「複数のレシピから得られる学びがある」「食生活が変わる」など、何らかのキュレーション(情報をつなぎあわせることによる付加価値の創造)により、「購入してもいい」と思わせる商品づくりを改めて考えたのだ。

 そこで至った結論が「レシピ20品目」のまとめ買いである。例えば「陳建一氏の『和と中華のおいしい豆腐料理20品』が500円」といった値付けをしたのである。

 クックパッドではレシピストアを始める際に、「価値仮説」(その商品の独自を示したもの)として、「検索しやすさと実行しやすさ」「自分のお気に入りのレシピ集からまとめて検索できること」を定義した。また、「成長仮説」(そのサービスが継続的に利用され、ユーザー数が増える理由を示したもの)としては、「既に慣れ親しんだインタフェースに基づいて欲しいレシピが提案されること」を定義、サービス開始後にこれが正しいかどうか検証することにしている。

 ここで用いるのが、リーン・スタートアップの計測プロセスで推奨されているコホート分析だ。「人生の一定時期に同一の重大な出来事を共有している人々の集合」(コホート)を変動要因として考慮したデータ分析手法である。価値仮説と成長仮説をそれぞれ可視化できるようなユーザーフローを設定し、コンバージョンレートやアクティブレートを追えるようにしているのである。

 石田氏は、データ分析をするにあたり、仮説をもって臨むことを心がけている。「ネットサービスでは、数字は無限にとれる。重要なのは、仮説を設定し、ユーザーが期待する行動を定義して、求めるものだけを追うことだ」という。これにより、効率よく結論が得られるというのだ。

 さらに石田氏は「サービスを始めた後が本番。どんな変化が現れるのか注視し、今後の改善活動に役立てていきたい」としている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら