米Google、米Facebook、米Amazon.com、米Apple・・・。インターネットの上位レイヤーに君臨するこうしたプレイヤーをOTT(Over The Top)と呼ぶ。またローカルな市場に目を移せば、日本における「LINE(ライン)」、韓国における「KakaoTalk(カカオトーク)」もOTTの一つに数えられるだろう。Mobile Asia Expoでは、通信事業者がOTTへの対抗をあらわにするシーンも見られた。

 そうした事業者の1社が韓国最大手の通信事業者SK Telecomである。同社のCTOであるChoi Jin Sung氏は、Mobile Asia ExpoのCTOラウンドテーブルのセッションの席上、「OTTプレイヤーは破壊的である。SK TelecomはOTTプレイヤーと競争していく」と力強く宣言した(写真1写真2)。

写真1●韓国SK TelecomのCTO、Choi Jin Sung氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●CTOラウンドテーブルセッションの様子
[画像のクリックで拡大表示]

 Choi氏は同セッションの冒頭、モデレータの「通信事業者の課題は何か?」との問いに対し、「OTTプレイヤーである」と即答。さらに「SK Telecomはメッセージングアプリにより、SMS収入が減少した一方、ネットワーク投資は増大した」と続けた。

 また、「データ爆発(データ量の増大)も課題である。SK TelecomのLTEユーザー数は既に300万に達しており、2012年末までには700万に達する見込み。これと併せてWi-Fiオフローディングを実施しているが、データ爆発は解決しきれていない」としている。

 名指しこそ避けたものの、Choi氏の言う「OTTプレイヤー」および「メッセージングアプリ」は主にKakaoTalkを念頭に置いているのは明らかだ。韓国の人口は約5000万人だが、KakaoTalkのユーザー数は既に韓国内だけで3000万人を超えている。また、Kakao Talkはもともとメッセージング機能を提供していたが、現在はVoIP機能も備えている。

 こうしたKakaoTalkに対し、市場第2位、第3位の通信事業者であるKTとLG U+も大きな脅威を感じているものの、最も敏感に反応しているのはSK Telecomだ。

トラフィックを軽減するSmart Push

 Choi氏は「OTTプレイヤーへの対策として、Smart Pushを導入する。これを導入すれば、通信事業者、OTTプレイヤー、ユーザーといった全てのステークホルダーにとってベネフィットがある」と述べている。

写真3●Smart Pushの説明
写真はMobile World Congress 2012で撮影
[画像のクリックで拡大表示]

 Smart Pushとは、KakaoTalkをはじめとしたOTTアプリからの制御信号をコントロールするSK Telecomの独自技術である。2012年2月下旬にバルセロナで開催されたMobile World Congress 2012でも、SK Telecomの展示ブースで紹介されていた(写真3)。

 SK Telecomの担当者によると、「メッセージング系のOTTアプリによるトラフィックは全体の5%程度に過ぎないが、call attempt(回線呼び出し、呼数)ベースでは全体の40%を占める」という。Smart Pushはこのcall attemptを制御することにより、ネットワークにかかる負荷を軽減する。

 例えばKakaoTalkの場合、20分毎にcall attemptが発生するが、Smart Pushを導入することで、ネットワークの状況に応じてcall attemptを60分毎にするなど頻度を調節することができる。SK Telecomでは、Smart Pushを導入した結果、call attempt(アプリだけでなく、SMSやWebアクセスも含めたもの)は導入前よりも12%減少、keep alive信号に至っては70%も減少させることができたという。

 SK TelecomはSmart Pushの効果に手応えを感じており、Choi氏は「韓国Samsung ElectronicsとフィンランドNokia Siemens NetworksとMoU(覚書)を結び、Smart Push対応のネットワーク機器を海外に輸出していく」と述べている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら