台湾政府はこれまでWiMAXの普及に全力を注いできた。ところが加入者数の伸び悩みなどで2011年以降その方針を転換。WiMAXとLTE(Long Term Evolution)を並行して発展させる、という姿勢を取るようになってきた。台湾のモバイルブロードバンド事情を探る。


 台湾政府は、2000年代初頭からブロードバンド計画の整備に力を入れてきた。2002年、台湾の内閣に相当する行政院が「e-taiwan計画」を発表。「アジアにおけるe-リーダーになる」という目標を達成するため、有線・無線を統合したブロードバンド網を完成させるという行動計画を打ち出した。

 2004年にこれを実現するためのより具体的な計画として、「M-taiwan(モバイル台湾)計画」を発表。目標としてFTTHの整備に加え、「携帯電話ネットワークと無線LAN(Wi-Fi)/WiMAXを統合し、台湾全域にシームレスなインターネット環境を実現する」などの項目を掲げた。

 特に力を入れたのがWiMAXである。2005~2009年の間に370億台湾ドル(約1011億円)をWiMAXのインフラ整備に投入する計画が発表された。2007年7月にはWiMAXの免許オークションを実施。帯域が割り当てられた事業者各社は2009年から2010年にかけて相次いでサービスを開始した(表1)。

表1●台湾のWiMAX免許申請事業者一覧
表中の利用料比率とは、売上高に対する周波数利用料の比率のこと。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら