皆さんはCoffeeScriptという言語をご存じですか?CoffeeScriptは、一言で言うならば、JavaScriptのコードを生成するためのコンパクトなスクリプト言語です。CoffeeScriptのコードは、コンパイル(翻訳)することでJavaScriptに変換された上で実行されます(図1)。クライアント側に特別なプラグインは必要ありません。既存の標準的なWebブラウザーだけで、CoffeeScriptのコードを実行できます。

図1●CoffeeScript実行の流れ
図1●CoffeeScript実行の流れ

 JavaScriptが普及している今、なぜCoffeeScriptなのでしょうか。実は現在のJavaScriptには、さまざまな問題点が指摘されています。JavaScriptは初心者にハードルの低い言語ですが、複雑なコードを記述しようとすると様々な落とし穴に出くわします。それを回避するために理解しなければならない細かなコーディングルールがたくさん存在します。

 CoffeeScriptでは、JavaScriptで陥りがちな罠を回避するために、様々な仕組みを用意しています。CoffeeScriptの構文に沿ってコードを記述することで、「安全で」「高性能な」JavaScriptのコードを自動的に作成できるのです。例えば、CoffeeScriptを使えば、JavaScriptと同じ意味のコードを、2分の1から3分の1の量で記述できます。シンプルなコードは読みやすく、バグが混入しにくくなります。

 CoffeeScriptがコンパイルした結果のJavaScriptは、JavaScriptのベストプラクティスのコードを随所に取り込んでいます。より良いJavaScriptのコードを書くためにもCoffeeScriptを学ぶ価値は十分にあるでしょう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら