パソコン(PC)向けは検疫ネットワーク、スマートデバイス向けはMDM(端末管理)のソリューションを提供し、端末の資産管理を一元化する(表1)。これにより、社内のどこから、どの端末でもセキュアに社内システムを利用できる。

表1●ユニアデックスの提案
[画像のクリックで拡大表示]

 PC向けの検疫システムとしてはPFU製の「iNetSec」を採用。本社に検疫サーバー、各拠点のネットワーク上に検知装置(センサー)の「iNetSec SmartFinder」を設置し、各拠点のセンサーでユーザーの識別、ウイルス対策ソフトの有無チェック、パターンファイルのチェックなど検疫処理を実施し、ポリシーに適合しないPCを排除する(図1)。

図1●パソコンのBYODには検疫ネットワークで、スマートデバイスのBYODにはMDMで対応
アプリケーションのライセンス管理は資産管理サーバーで一元化する。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら