BYOD実現に向けてのセキュリティ課題として「利用者の特定」「端末管理」「データ流出防止」を想定し、当社のIP-VPNなどの閉域ネットワークサービスを利用する「Master's ONE タブレットモバイルソリューション」を提案する(表1)。必要とするセキュリティ機能はゲートウエイで提供。これにより、ロケーションフリーなビジネススタイルをセキュアかつ手軽に実現する。端末にはエージェント(専用ソフト)は不要。利用中のネットワークにも大きな変更を加えることなく導入・利用できる。

表1●NTTPCコミュニケーションズの提案
[画像のクリックで拡大表示]

 具体的には、従業員個人が所有する端末の利用が前提になるため、マルチキャリア対応、機種非依存の「Master's ONE セキュアリモートアクセス プロトコルフリー型接続サービス」を採用し、どこからでもインターネット経由で、セキュアに社内ネットワークにアクセスできる環境を整える(図1)。社外からだけでなく社内(オフィス内)においても、すべてインターネット経由での接続とする。

図1●個人所有の端末からはインターネットとMaster’s ONEを経由して社内ネットワークに接続する
ワンタイムパスワード認証(マトリックス認証)、機体認証、スマートデバイス管理(MDM)などの機能を一元提供する。
[画像のクリックで拡大表示]

 なお要件外となるが、情報漏洩対策としてローカル端末にデータを残さない仕組みを実現できる、シンクライアントサービス(データを圧縮・最適化し転送するICAタイプ)の追加利用を推奨する。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら