ソフト会社やシステムインテグレータなどにメーカー/通信事業者の満足度を問うパートナー満足度調査。14回目となる今回は、「PCサーバー」「シンクライアントシステム」「統合運用管理ソフト」など、8部門で日立製作所が首位に立った。シスコシステムズの躍進も目立つ。新設した「TV会議/ビジュアルコミュニケーションシステム」で首位だったほか、「ネットワーク機器」でも大きく順位を伸ばした。日立やシスコの勝因はどこにあったのか。調査結果の詳細を報告する。

[画像のクリックで拡大表示]

弱点を認識し、総合力で補う

 「ブランド力で他社と差がある製品や、コモディティー化していて違いを出しづらい製品をどのようにパートナーに売ってもらうか。パートナーの声をできる限り製品に取り入れ、問い合わせ対応などを充実させるしかない」。日立製作所 情報・通信システム社プラットフォームビジネス推進センタの松本和裕センタ長は、こう語る。

 シスコシステムズの安斉孝之コマーシャルセクター事業執行役員は、「当社製品に対して、パートナーが『価格競争力が低い』というイメージを持っているのは事実。他の部分で付加価値を提供しなくてはならない」と話す。

 第14回となる「パートナー満足度調査」は、どのベンダーの製品や支援体制をパートナーが魅力的に感じているかを調べたもの。ユーザーが製品や販売会社を選ぶ際の参考になる。

 今回、日立が8部門で首位を獲得した。前回の5部門から3部門増えただけでなく、前回首位だったシンクライアントシステムやストレージなどの部門でポイントをさらに伸ばした。シスコは、今回新たに設けた「TV会議/ビジュアルコミュニケーションシステム」で首位に立ったほか、「ネットワーク機器」で前回から順位を三つ上げて2位になった。

 日立とシスコに共通するのは、自社製品の弱点を認識し、それを関連製品やサービスなどの総合力で補っていることだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら