The Linux Foundationは2012年6月6日から8日、国際技術会議「LinuxCon Japan 2012」を開催した。NTTドコモ 執行役員でTizen Association チェアマンである永田清人氏らが講演。トラック「Linux Community 101 For Students」では、学生がカーネル開発者たちを前に英語で自分たちの開発成果をアピールした。

写真●LinuxCon Japan 2012
[画像のクリックで拡大表示]

クラウドからモバイルまで

 The Linux FoundationはLinus Torvlads氏がフェローとして所属する非営利のLinux推進団体。LinuxConは、The Linux Foundationが主催する国際技術会議。日本での開催は4回めとなる。

 基調講演ではThe Linux Foundation エグゼクティブディレクターのJim Zemlin氏が「証券取引などのミッションクリティカルなシステム、GoogleやFacebookなどのクラウドサービス、Androidなどのモバイルデバイスのいずれの分野でも、Linuxは主流となっている」とLinuxの普及ぶりを紹介。「Linuxは世界中の技術者、企業のコラボレーションにより開発され、今も改良され続けている」とLinux開発への参加を呼びかけた。

写真●The Linux Foundation エグゼクティブディレクターのJim Zemlin氏
[画像のクリックで拡大表示]

 またZemlin氏は、韓国Samusung Electronicsが最上位スポンサーであるプラチナメンバーとしてThe Linux Foundationに参加したことを発表した。Samusungはスマートフォンの他、テレビやカメラ、プリンタなど様々な機器でLinuxを採用しているという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら