ソフトバンクモバイルが2012年2月末にTD-LTE(LTEはLong Term Evolution)互換のAXGPサービスを、イー・アクセスが同年3月にLTEサービスを開始し、数十Mビット/秒クラスの高速無線サービスの選択肢が増えてきた。先行するドコモのLTE、UQのモバイルWiMAXを含めて、最新モバイルルーターを実地テストで比較した。

 ソフトバンクモバイルの「SoftBank 4G」は、同社のグループ会社であるWireless City Planning(WCP)が展開するTD-LTE互換の通信規格「AXGP」を、MVNO(仮想移動体通信事業者)として提供するサービス。SoftBank 4G対応機種として、まずは2月末にモバイルルーター型の「SoftBank 101SI」が発売された。AXGPのインフラは、カタログスペックでは下り最大110Mビット/秒の速度を誇る。ただし現時点で唯一の端末である101SIの下り最大理論値は、76Mビット/秒となっている。

 一方、イー・アクセスが開始したLTEサービス「EMOBILE LTE」の速度は、理論値では一部エリアで下り最大75Mビット/秒。先にサービスが始まったNTTドコモの「Xi」と同じスペックとなっている。

 とはいえ、移動体通信はインフラの作り方や電波の状態、ネットワークの混雑度によって速度が上下する。そこで、それぞれの実力を探るべく、上記2サービスを評価することにした。先行するNTTドコモのLTEサービス、UQコミュニケーションズのモバイルWiMAXサービスを加え、それぞれの実環境での通信速度を計測、比較した。

 評価に使用した端末は、NTTドコモ「BF-01D」(バッファロー製)、ソフトバンクモバイル「SoftBank 101SI」 (セイコーインスツル製)、イー・アクセス「GL02P」(韓国AnyData製)、UQコミュニケーションズ「AtermWM3600R」(NEC製)の4機種である(表1写真1写真4)。いずれも2012年2月から3月にかけて発売された最新のモバイルルーターである。評価に際しては、スループットの測定に加え、モバイルルーターとしての機能/使い勝手もチェックした。

表1●最大数十Mクラスの最新モバイルルーターを実力診断
ソフトバンクモバイルがAXGP(TD-LTE互換)を利用した高速無線サービス「SoftBank 4G」、イー・アクセスがLTEサービス「EMOBILE LTE」を開始したことで、数十Mクラスのモバイルルーターの選択肢が増えてきた。先行するNTTドコモ、UQコミュニケーションズのサービスを含めて、最新製品を実地テストしてみた。bpsはビット/秒。
[画像のクリックで拡大表示]
写真1●NTTドコモの「BF-01D」(バッファロー製)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●ソフトバンクモバイルの「SoftBank 101SI」(セイコーインスツル製)
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●イー・アクセスの「GL02P」(韓国AnyData製)
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●UQコミュニケーションズの「AtermWM3600R」 (NEC製)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら