Wineプロジェクトは2012年3月7日、オープンソースのWindows互換レイヤーソフト「Wine」のバージョン1.4を公開した。バージョン1.2以来、1年8カ月ぶりのバージョンアップとなる。

 Wineは、LinuxやFreeBSD、SolarisなどのUNIX系OS上でWindowsアプリケーションを動かすためのソフトだ。OSにWindows互換機能を追加し、Windowsアプリケーションをそのまま動作させるもの。具体的には、アプリケーションからのWindows APIの呼び出しをWineが提供するライブラリの処理に置き換えている(図1)。仮想的なPC環境上でWindows(ゲストOS)を動かす仮想化ソフトとは異なる。エミュレーションではなく、Wineは“Wine Is Not an Emulator”の略でもある。

図1 互換レイヤー方式と仮想PC方式との比較
[画像のクリックで拡大表示]

 このため、すべてのアプリケーションが動作するわけではないが、動作するものは徐々に増えている。現在では、Webブラウザー「Internet Explorer」やオフィスソフト「MS Office」 、写真編集ソフト「Adobe PhotoShop」や各種ゲームなど、多くのアプリケーションの動作が報告されている。公式サイトのデータベースにユーザーからの動作報告が登録されており、2012年3月中旬時点では1万8000件を超えている。

 Wineの開発は1993年に開始され、当初はWindows 3.1のWin16 APIを対象としていた。その後ターゲットをWin32に変更し、2008年6月に最初の安定版であるバージョン1.0が登場した。現在はWin64 APIへの対応も進められている。Wineのバージョンは奇数が開発版、偶数が安定版とされており、バージョン1.4は1.0以降、1.2に続く2回目の安定版リリースとなる。3月16日には次期リリースに向けた開発版としてWine 1.5が早くも公開されている。

Wine 1.4の変更点

 約1年半ぶりのバージョンアップとなるWine 1.4だが、主に安定性や互換性の向上を目的とした改善が図られている。主な変更点としては、(1)Microsoft Office 2010(32ビット版)などの新しいアプリケーションへの対応、(2)日本語の縦書きをサポート、(3)新しいDIBグラフィックスエンジンの搭載、などが挙げられる。

【DIB】 デバイス独立ビットマップ。画像データとともにカラーパレットを格納してデバイスに非依存としたビットマップのこと。

 Office 2010は、前バージョンではインストールさえできなかったが、今回、初めて動作可能になった。「Microsoft Word 2010」で日本語の縦書きも試してみると、カーソルの挙動にやや不具合があるものの縦書き自体はうまくいった(写真1)。「一太郎」でも可能だ。ただ、秀丸エディタでは正しく表示されないなど、アプリケーションによっては対応しない場合がある。

写真1 Ubuntu 11.10とWine 1.4でOffice 2010を起動したところ
左下のウィンドウはWineの環境設定画面
[画像のクリックで拡大表示]

 DIBグラフィックスエンジンの改良では、2DゲームなどDIBを多用するアプリケーションの性能や再現性の向上が見込める。「東方Project」と呼ぶゲームソフト群が動作するとWine 1.4の変更履歴に示されていたため、試してみた(写真2)。実際、正常に画面表示されるようになっている。

写真2 東方Projectのゲーム「東方神霊廟」をWine 1.4で起動した画面
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、3Dグラフィックスを処理するためのAPI「Direct3D」の対応は現状バージョン9までとなる。バージョン10の実装は開発途上であるため、Direct3D 10/11を必要とする最新3Dゲームは動作しない。

 このほか、Windows VistaのAPIモデルを基に書き直されたオーディオスタックなど、前バージョンから1万6000点もの修正が施されているという。以前のバージョンを試してみて、お目当てのアプリケーションが動作せずWineの使用をあきらめたユーザーも、再度試してみる価値は十分にあるだろう。

 ただし、Wineでは周辺機器が基本的にサポートされないため、ICカードリーダーやTVチューナーなど、特殊なハードウエアを使用するアプリケーションは動作しない。プリンターはサポートされているが、Windows用のプリンタードライバは使用できないため、Linuxから印刷できるように設定されていることが前提となる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら