「@一つでテキスト、@@でメールを送信、@@@で電話をかける」(写真1)。これだけでは一体何のことか分からないだろう。オープンソースのSNSソフト「OpenPNE」の開発者として知られる手嶋屋の代表取締役 手嶋守氏が披露したデモの内容だ。社内SNSでメッセージを送る際、@の数によってメッセージを伝える手段が変えられるのだ。

写真1●電話API「boundio」発表時のデモ内容のスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 通常は@を一つ使い、この後にメッセージを送りたい相手のユーザー名などを付けて送信する。「@ユーザー名 メッセージ」という形式は、Twitterなどでもおなじみだ。ただ、メッセージに気がついてくれない場合がある。

 そこで、「@@ユーザー名 メッセージ」にすると登録してあるメールアドレスにメッセージを記したメールを送信。それでも気がついてくれない場合は、「@@@ユーザー名 メッセージ」という形式にすると、登録してある電話番号に電話をかけ、音声合成メッセージを読み上げてくれる。こうした内容のデモだ。

Webサービスの開発者が電話の機能を簡単に実装

 それなら「初めから電話をかければいいのでは」といった声が聞こえてきそうだが、ここでのポイントはWebサービスから直接相手に電話をかけられる点だ。Webサービスを利用しているユーザー側には、電話がなくてもよい。音声をWebサービスの一コンテンツとして扱い、そのコンテンツを電話を介して届けるイメージだ。

 この「@@@」を実現するために組み込まれているのが、KDDIウェブコミュニケーションズが2012年4月10日から提供を開始した“クラウド電話”API「boundio」である(関連記事)。

 boundioは、Webサービス/アプリに次の機能を追加できる。(1)050番号による電話発信、(2)アップロードした音声の再生、(3)テキストを音声ファイルに変換する音声合成――である。さらにオプションとして、(4)電話を受けた相手が折り返す際の電話番号を050番号以外に転送する「転送設定」、(5)050番号を当初取得した番号から別の番号に変えられる「自局電話番号変更」――を設けた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら