ユーザー企業のシステム部員(システム子会社の従業員含む)は、幅広いスキルが求められる。システムの利用部門からの問い合わせ対応、日々のシステム運用、ITベンダーの作業管理、業務プロセス改革の支援など、様々な役割を担う必要があるからだ。

 システム部員は、どんな資格を取得すればよいか。今回からはITベンダーの視点も取り入れて、取得すべき資格のランキングを作成した(表1)。プロジェクトを円滑に進めたり、ユーザー企業と良好な関係を築いたりするために「ユーザー企業のシステム部員に取得してほしい資格」を、ITベンダーの人事担当者に会社を代表して回答してもらった。

表1●ユーザー企業のシステム部員が取得すべき資格の分野別トップ3
[画像のクリックで拡大表示]

 システム部長とITベンダーの両方から高い支持を集めたのが、情報処理技術者試験の「基本情報技術者」と「ITパスポート」だ。スコアは他の資格を大きく引き離し、100ポイントを超えた。

 特に「基本情報技術者」は、システム部員にとって必須といえる。例えばリクルートでは、「システム部門に配属された新人は、入社3年以内の取得を義務付けている」(河野ゼネラルマネジャー)。今回の調査でも42.6%のシステム部員が、「基本情報技術者」を「取得済み、または取得したい」と回答した。

 となると、多能スペシャリストを目指すには、これらの次に取得する資格の選び方がポイントとなる。ITパスポートと基本情報技術者で基礎はできている。残るは自分の特色を出す専門領域として、どのスキルを伸ばすかだ。

 ITベンダーの認定資格で1位の「オラクル(データベース分野)」や、ビジネス分野で1位の「日商簿記(2級以上)」などが検討対象となる。

 ただし、システム部長や開発・運用を委託しているITベンダーの立場でみると、価値のある資格は変わる。例えば、システム部長はシステム部員に「情報セキュリティスペシャリスト」などの取得を、ITベンダーは「応用情報技術者」などの取得を求めている。こうしたことを加味して、システム部員は伸ばすべき専門領域を見極めよう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら