閉じる

2012年版「いる資格、いらない資格」

日経コンピュータ

目次

  • [ユーザー企業システム部員編]セキュリティと簿記に注目

     ユーザー企業のシステム部員(システム子会社の従業員含む)は、幅広いスキルが求められる。システムの利用部門からの問い合わせ対応、日々のシステム運用、ITベンダーの作業管理、業務プロセス改革の支援など、様々な役割を担う必要があるからだ。その意味で「基本情報技術者」は、システム部員にとって必須といえる。

  • [ITベンダー営業担当者編]定番は「ITパスポート」

     IT関連製品・サービスの販売だけでなく、システム部門の課題解決に知恵を絞る「SE営業」にとっては、情報処理技術者試験の「ITパスポート」と「基本情報技術者」は持っていて“当然”の資格であるといえる。多能スペシャリストとして差異化するカギは、3番目の資格の選び方にある。「ITコーディネータ」や「情報…

  • [ITベンダー技術者編]プロマネを軸に領域を広げよ

     ITベンダーの人事担当者、ユーザー企業のシステム部長、ITベンダーの技術者自身に対する調査結果から、ITベンダーの技術者がこれから取得すべき12種類の資格を導き出した。多能スペシャリストの軸となるのは、プロジェクトマネジメントである。情報処理技術者試験では「プロジェクトマネージャ」が1位、IT関連…

  • 2012年版「いる資格、いらない資格」

     ITベンダーの技術者と営業担当者、ユーザー企業のシステム部員が、情報システムの分野で活躍するために必要な専門スキルは何か――。日経コンピュータは「2012年版 いる資格、いらない資格」調査を実施し、その答えを探った。ユーザー企業189社のシステム部長、ITベンダー75社の人事担当者、そして1000…

  • 多能スペシャリストを目指せ

     案件に応じて、いくつかの職種をこなせる。仕事のカバー範囲が広く、融通が利く──。こうした複数の専門スキルを持つ人材「多能スペシャリスト」を、積極的に育成する企業が相次いでいる。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る