2012年3月16日と17日の2日間、東京都日野市の明星大学で開催されたイベント「オープンソースカンファレンス(OSC)2012 Tokyo/Spring」では、前編で紹介した政府・自治体でのOSS活用をテーマとしたトラックOSC.governmentを始めとして多くのセッションが行われた。今回初めてOSCで開催されたのが日本OSS貢献者賞と奨励賞の表彰式だ。

 「日本OSS貢献者賞」は、影響力のあるオープンソースソフトウエア(OSS)開発プロジェクトを創設・運営した開発者や、世界的なプロジェクトで活躍する開発者、OSSの普及に貢献した人物を表彰する賞。2005年度に創設され、今回が7回目となる。「日本OSS奨励賞」は、最近OSSの開発や普及に顕著な活躍をした若手などの個人やグループを表彰する賞。2009年度に創設され、今回が3回目となる。

写真●第7回 日本OSS貢献者賞と奨励賞の受賞者、審査委員、実行委員
[画像のクリックで拡大表示]

 貢献者賞の受賞者は川口耕介氏、平松雅巳氏、法林浩之氏、森啓介氏の4人。米国在住の川口氏を除く3人が出席した。

「夢中になろう」平松雅巳氏

 平松氏はLinuxシステムの障害解析機構・トレーサのLKST、SystemTap、Ftraceや性能プロファイラPerfの開発により受賞した。平松氏は、OSSの開発で大事なことはあきらめないこと、続けることだと語る。「Linuxカーネルに取り込まれるまで5年かかった。何度も修正し投稿した」(平松氏)。そして多くの人たちと一緒に考えること。最も大切なことは「夢中になること」だという。夢中になって開発に没頭した時期がなければ、実現できなかった」(平松氏)。

写真●平松雅巳氏
[画像のクリックで拡大表示]

「コードを書くだけが貢献じゃない」法林浩之氏

 法林氏は、日本UNIXユーザー会(JUS)の勉強会やオープンソース祭り、OSC、LLイベント、TechLIONなど、OSS関連のイベントの運営に20年近く関わってきた。名司会者として知られ、これまでに約700人の講演者の相手を務めたという。

 「ソースコードを書けなくてもOSSへの貢献はできる。ソフトウエア開発以外にもやるべきことはたくさんある」と法林氏は言う。「皆が苦手なことを引き受けよう。技術者の多くは、運営、司会、まとめ役などをあまりやりたがらない。だから自分が引き受けた」(法林氏)。

写真●法林浩之氏
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら