この連載では、Facebookを中心とした「ソーシャルメディア」を企業でどのように導入するかをテーマにしている。前回は「ソーシャルメディアと評判作り」について「ソーシャルメディアを使うだけで『評判になる』」はありえないことを説明した。

 この連載で何度も説明しているが、ソーシャルメディアは道具である。「まず、真摯にお客さまや社会に貢献することを考えて、それを愚直に実施する。この行為が評判となれば、ソーシャルメディアの増幅器効果でさらに広がっていく」といったことが本質なのである。

 ソーシャルメディアはあくまで「道具」にしか過ぎない。使う人のリアルな仕事の優劣によって価値が変化する。「使う人がダメならソーシャルメディアもダメ」「使う人が優れていれば、ソーシャルメディアでさらに良くなる」ことを理解し、うまく活用することが大事だ。

 今回は「ソーシャルメディアの利用促進」がテーマである。これは慎重に考える必要がある。やり方を失敗すると、「利用が促進されない」だけでなく「ソーシャルメディアは役に立たない」という評価が定着するからだ。

 特に危険なのは「社内での無目的な利用」だ。社長や役員のような役職の高い、影響力を持った人間が「ソーシャルメディアを使って、何か新しい良い方法を考えてみたらどうか」などと言うケースが多いが、これが非常に危険だと筆者は考えている。

 ソーシャルメディアは「コミュニケーションの道具」である。だから目的を明確にして使わないと、学生時代や社外・社内の人間同士のコミュニケーション、噂話、他愛ないやりとりに終始し、どうしても最後は「好き嫌い」の人間関係の問題に行き着く。

 要は、「良い人間関係はより良い関係に増幅し、悪い人間関係はより悪い人間関係に増幅」されてしまうということだ。皮肉なことに、「ソーシャルメディアを使え」「ソーシャルメディアで関係を深めろ」と言えばいうほど、人間関係が悪くなって利用されなくなるのだ。

 社長や役員は軽い気持ちで、「良かれ」と思って言っているだろうが、言われた方は何とか利用を促進しようと必死になる。若手が始めれば、中堅も始める。「楽しい」という噂が広がれば課長や部長も始める・・・これが人間関係の問題に波及するから注意してほしい。

 では、事例を使って説明しよう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら