前回前々回はスマートフォンの仕事での利用にフォーカスを当て、使用アプリの実態を調査した。今回と次回はプライベート利用に絞って、アプリの利用状況について回答を得た。今回はプライベートでのアプリ利用率、課金アプリのカテゴリー、アプリ認知のきっかけなどを見ていく。

調査概要プライベートでのスマートフォンアプリ利用に関する調査
主催モバイルマーケティング・ジャパン、ネットマイル
対象ユーザー「スマホリサーチ」パネル(共通ポイントプログラム「ネットマイル」会員約450万人の中から抽出したスマートフォンユーザー)
調査期間2012年1月31日~2月2日
方式インターネット調査(回答はすべてスマートフォンから得たもの)
有効回答数953

iOSユーザーは「ユーティリティ」「ゲーム」アプリに課金

 ユーザーはプライベートでどんなアプリをよく利用しているのだろうか。OSに関係なく見ていくと、スマートフォンユーザーが利用しているアプリのカテゴリーは「ニュース・天気予報」が最も多く78.2%(図1)。次いで「ユーティリティ」「コミュニケーション」「ゲーム」がそれぞれ7割近くとなった。OS別に見ると、すべてのカテゴリーでiOSユーザーの利用率がAndroidを上回り、特に「写真」「音楽」のアプリで差が目立つ。

図1●プライベートで活用しているアプリ(有料・無料含む)
図1●プライベートで活用しているアプリ(有料・無料含む)

 有料アプリに限って見ると、全体では「コミュニケーション」(25.9%)、「ユーティリティ」(20.3%)が高い傾向にある(図2)。ユーザーがお金を出してよいカテゴリーのアプリか否かだけではなく、どこまでユーザーに「無料で当たり前」と思われている分野かどうかが影響していると考えられる。

図2●プライベートで活用しているアプリ(有料のみ)
図2●プライベートで活用しているアプリ(有料のみ)

 OS別に見ると、図1よりもさらにiOSユーザーとAndroidユーザーの差がはっきり出た。iOSユーザーは「ユーティリティ」(37.8%)、「ゲーム」(33.1%)、「写真」(25.3%)をはじめ、有料アプリの利用率が非常に高い。この結果を見ると、iOSとAndroidの各ユーザーは、現時点ではアプリ課金に対する考え方に違いがあるようだ。これは各プラットフォームのアプリマーケットの使いやすさなども影響しているだろう。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら