米Googleは「ADK(Open Accessory Development Kit)」と呼ぶ新技術を2011年5月に米サンフランシスコで開催した開発者向けイベント「Google I/O 2011」の場で発表した。ADKは、Android端末と多種多様な電子機器を連携するための枠組みだ。例えばロボットの頭脳としてAndroidスマートフォンを使えるようになる。発表と同時に、日本のロボット開発企業であるアールティはADKのリファレンスボード「RT-ADK(Accessory Demo Kit)」の販売を始め、世界の注目を集めた。ボードは即日完売し、同社には世界中からの問い合わせが相次いだ。

写真●各種のADKボード。左側の2点がアールティ製。一番左がRT-ADK & ADS、その右隣がRT-ADK mini。
[画像のクリックで拡大表示]

 Googleの最新技術のパートナーとして日本企業の名前が挙がることは滅多になかった。そこに、アルバイト含め15名という小さな企業であるアールティが登場し、ADKの分野では世界の第一人者という地位を手に入れたのだ。

Androidに手足を付ける

 ADKは、ソフトウエアの枠組みと、ハードウエアの枠組みの両方を含む。ソフトウエアとしては、Android2.3.4以降を搭載した機種の一部(全機種ではない)が備える「ADK API」を利用する。ハードウエアとしては、Android端末が備えているUSBインタフェースに、CPUと各種I/Oポートを搭載したボードコンピュータ(ADKボード)を接続する形をとる。今のところ、Android端末とADKボードとの接続にはUSBを使う。つまり有線による接続となる。

 Google I/O2011では、このADKのためのボードコンピュータの最初の製品として、前出の「RT-ADK」と、米Microchip Technologyが開発した「Microchip ADK」の2種類を展示した。その後、ADKボードは何種類も登場している。だが、アールティは最初の公式リファレンスボードの開発元という地位を得て、この分野で一目置かれる企業となった。

 「発表から1週間ほどして、中国の会社が『うちでも作りました』とADKボードを見せにきました。これからも、ADKボードを作る会社はたくさん出てくると思います。それでも、私たちが最初の公式リファレンスボード開発元であることは変わりません」(アールティ代表取締役の中川友紀子氏)。ADKボードを作ることだけでなく、「最初にその価値に注目した」会社として知られたことが、同社にとって重要だった。

写真●アールティ代表取締役の中川友紀子氏

 なぜ、日本のロボットベンチャーであるアールティがADKボードの開発に手を挙げたのか。そしてADKの価値とは何か。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら