近距離無線通信規格「NFC(Near Field Communication)」を使った開発イベント「NFCアイディアソン」と「NFCハッカソン」が2012年1月20日、21日に東京・銀座のリクルート メディアテクノロジーラボ(MTL)Cafeで開催された。NFCは非接触型の近距離通信規格で、電子マネーの「Edy」や「Suica」などが利用できるFeliCaもNFCの一種。昨年末に発売された最新スマートフォン「Galaxy Nexus」や「Galaxy S2 LTE」などに搭載されており、いま世界レベルで注目を集めている。

写真●「NFCアイディアソン」と「NFCハッカソン」の会場
[画像のクリックで拡大表示]

 今回のイベントでは、開発前のアイディア出しを行う「NFCアイディアソン」と、実際に開発を行う「NFCハッカソン」を開催。両日ともNFCに興味を持つ開発者やデザイナーが多数集結。タッチするだけで情報をやり取りできるNFCの特性を活用した新しいサービスやシステムの開発に挑戦した。また、ITproが主催するAndroidアプリの開発コンテスト「Android Application Award(A3) 2012」もイベントを後援。集まった開発者やデザイナーをサポートした。

FeliCaの先駆者が言葉を贈る

 20日の夜から開催された「NFCアイディアソン」では、冒頭でリクルート マーケティング局 鵜飼伸光氏が登場。以前に電子マネー「Edy」の立ち上げなどにも携わったことがある鵜飼氏は、NFCの簡単な歴史や世界の動き、今後注目すべきポイントなどを説明し、今回のイベントの意義を語った。

写真●初日、アイディアソンの冒頭でNFCの潮流を述べたリクルート マーケティング局の鵜飼伸光氏
[画像のクリックで拡大表示]

 続いてソニーのプロフェッショナル・デバイス&ソリューショングループ プロフェッショナル・ソリューション事業本部 FeliCa事業部 鳥居三朗氏が講演。FeliCaとNFCの関係性やこれから登場する電子ペーパー付きタグ、健康グッズなどの関連商品を紹介した。

写真●FeliCaの第一線で活躍してきた、ソニー プロフェッショナル・デバイス&ソリューショングループ プロフェッショナル・ソリューション事業本部 FeliCa事業部の鳥居三朗氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真●関連機器として鳥居氏が紹介した電子ペーパー付きタグ
FeliCa Plugチップを内蔵し、非接触により必要な情報を可視化できる。今回のイベントに協力してくれたアイオイ・システムは10台程度の「スマートタグ」を提供し、ハッカソンで大活躍した
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら