これまで不正プログラムとは縁が薄いと思われてきたiPhoneやiPadでも、さまざまな攻撃にさらされる可能性が指摘されるようになった。2009年11月にトレンドマイクロが確認したiPhone上で活動する不正プログラムの挙動を追いながら、今後予想されるリスクとユーザー側での対策を解説しよう。

 iPhoneに感染する不正プログラムとしては、2009年11月上旬に壁紙を勝手に書き換えるものが確認されている。今回取り上げるのは、同月下旬に確認されたワーム「IOS_IKEE.A」だ。コマンド&コントロール(C&C)サーバーと通信する機能を備えており、感染すると攻撃者によりiPhoneが操作されてしまう。iPhoneのシステム情報やSMSメッセージが収集される恐れがあり、ユーザーにとって危険な不正プログラムである(図1)。なお今回はiPhoneを用いて検証しているが、この不正プログラムはコードを見る限りiPadでも動作する可能性がある。

図1●IOS_IKEE.Aの概要
図1●IOS_IKEE.Aの概要

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら