ビッグデータを扱うシステム基盤として話題の中心にあるオープンソースソフトウエア(OSS)の分散バッチ処理ソフト「Hadoop」。その最新活用事例が発表されるイベント「Hadoop World NYC 2011」が2011年10月に米国で開催された。ビジネスへの活用を念頭に置いた事例発表や技術動向など、最新情報を報告する。

目次


出典:日経コンピュータ 2012年1月5日号 pp.116-119
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。