写真●北九州データセンターのサーバールーム
写真提供:ファーストサーバ
[画像のクリックで拡大表示]

 ヤフーの子会社であるファーストサーバが運営するデータセンターは、3拠点ある。主力となる福岡県の北九州データセンター、大阪府の吹田データセンター、自社データセンター(所在地は非公開)である(写真)。北九州と吹田のセンターは、同じくヤフー子会社であるIDCフロンティアの施設を利用する。3拠点合計で194ラックに収めたサーバーを稼働している。

 ファーストサーバの主力事業は、1996年の創業以来、ホスティングサービスである。顧客の85%が法人を占める。

 今後同社が力を入れるのが、IaaS(Infrastructure as a Service)だ。その第1弾が、北九州データセンターで2011年10月に提供を開始した「Z Cloud」である。Z Cloudの開始に当たり、米Joyentと提携した。

高負荷時にCPU数を自動切り替え

 Z Cloudの特徴は、突発的なアクセス増に対応できること。Joyentが独自に開発したOS「SmartOS」によって可能にする。SmartOSは仮想化機能を備え、仮想マシンの稼働状況を常時モニタリング。急激なCPU負荷の上昇時には、仮想マシンに割り当てるCPUコア数を自動で増加させる。「CPUコア数の切り替えが、他の仮想化技術と比べても格段に速い」(企画・マーケティング部 部長 村竹昌人氏)という。

 料金体系も突発的なアクセス増を考慮した設定にしている。例えば、時間単価が34.3円の「SmartOS Large 8」コースでは、通常時に利用できるCPU数は1コアだが、アクセス急増時には8コアまで利用できる。

基本情報
●名称:北九州データセンター
●場所:福岡県北九州市
●最寄り駅:要問い合わせ
●料金:月額1890円(共有サーバー、50Gバイト)~
■変更履歴
基本情報にある最寄駅の記載を修正しました。修正点は反映済みです。[2012/1/11 14:30]
出典:日経SYSTEMS 2011年12月号 p.108
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。