Androidはもうひとつの未知の領域へと進出しようとしている。企業情報システム、すなわちエンタープライズAndroidである。決め手になっているのは、多様さと柔軟性である。防塵性や耐障害性に優れたもの、安価なもの---Android端末には様々な種類があり、業務に適したものを選択できる。またオープンソースであるAndroidは、ユーザー企業が改変できる余地が比較的大きく、企業が求めるセキュリティなど様々な機能を盛り込みやすい。

QRコードを読み込み業務効率向上

 ここへ来てAndroidを採用した事例が続々登場してきている。

 中古車チェーン大手のカーセブンディベロプメントはAndroidを利用した中古車査定システム「インスマートシステム」を稼働させた。買い取り店舗に持ち込まれた車の車検証に印刷された5つのQRコードを、スマートフォンが備えるカメラで撮影し、車種や型式、生産日といった中古車の基本情報を読み込むことで、電話やファクス、電子メールを使った従来の方法と比べ、査定時間を3~4割短縮できるという(関連記事:カーセブンディベロプメント,スマホで査定時間を3~4割短縮)。

写真●カーセブンディベロプメントの中古車査定システム「インスマートシステム」
[画像のクリックで関連記事へ]

現場で動画撮影、本社と共有

 通信事業者向け施設の設備建設を手がける愛知県のシーキューブは、工事の現場の状況を事務所で把握するための動画送信ツールとしてAndroidスマートフォンとAndroidタブレット端末を利用している。工事の際には、現場の担当者が本社などの事務所のベテラン技術者に、配線や部品の扱い方などを相談する(関連記事:シーキューブ,工事状況の動画をAndroid端末からリアルタイムで送信)。

写真●シーキューブでのAndroidタブレットによる工事現場動画撮影
[画像のクリックで関連記事へ]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら