震災復興にITでできることを---日本を襲った未知の大災害に、多くの技術者や企業が立ち上がった。そこではAndroidも大きな役割を果たしている。

 復興支援アプリコンテストA3 Togetherの大賞を受賞したBumpRecorderは、Androidスマートフォンを自動車に載せて走るだけで道路の段差、すなわち損傷の情報を収集し、共有できるアプリだ。道路状況の情報は、スマートフォンだけでなくパソコンでも地図上で閲覧できる(関連記事:<大賞>路面段差観測アプリ「BumpRecorder」 - A3 Together 受賞作品レビュー)。

写真●BumpRecorder

 A3 Togetherのアプリ/Webサービス賞にも、ガイガーカウンターと接続し、AR(拡張現実)によって放射線量を“見える化”するアプリ「AR GeigerCounter、牛肉のトレーサビリティ情報をスーパーの店頭で検索できるアプリ「牛トレーサー(放射線汚染情報対応版)」、通信網が使えなくともスピーカーから出す音をマイクで拾って情報を伝達できるアプリ「toneconnect」、避難所などで気持ちをほぐすのに役立つ脳波ゲーム「脳波SPORTS」といった実用性の高いアプリが集まった。

写真●AR GeigerCounter
写真●牛トレーサー(放射線汚染情報対応版)
[画像のクリックで拡大表示]
写真●toneconnect
[画像のクリックで拡大表示]
写真●脳波SPORTS
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら