ジャンル:ストレージサーバー構築ソフト
ライセンス:GNU AGPL version 3
作者:Frank Karlitschek氏
URL:http://ownCloud.org/

 ownCloudは、クラウドサービスである「DropBox」のようなストレージ管理サーバーを構築するためのソフトである。SSLを使った暗号化通信に対応しているため、インターネット経由で利用することも可能だ。

 オンラインストレージサービスを提供するサーバーを構築できる(写真1)。ファイルのアップロードやダウンロードは、基本的にWebブラウザを使う。WebDAVにも対応しているので、ファイルマネージャ「Nautilus」からアクセスすることも可能だ。

写真1 ownCloudのファイル一覧画面
[画像のクリックで拡大表示]

 最新版は「1.2」だが、Ubuntu 11.04の公式リポジトリ経由で入手できるパッケージは「1.1」となっている。ここでは「Ubuntu 11.04 Desktop 日本語版」のサーバー環境に「1.1」のパッケージをインストールすることを前提に説明する。

 最新版を使いたいときは、ownCloudの公式サイトからソースファイルをダウンロードし、コンパイルしてからインストールすることになる。

インストール

 ownCloudのインストールは、次のコマンドを実行するだけである。

$ sudo apt-get install ownCloud 
このマークで改行

 インストールの途中でMySQLのrootユーザーに対するパスワードの設定画面が表示される。適当に入力して作業を先に進めてほしい。

 続いて、SSLを設定する。SSLは、ownCloudサーバーとクライアント間でファイルをやり取りする際、ファイルを暗号化するための機能である。SSLを設定しないままインターネット経由でファイルをやり取りすると、不正な第3者にファイルの内容を盗み見されてしまう可能性が高くなる。

 インターネット経由でownCloudを利用する場合には、必ず設定しておいてほしい。自宅や社内といった閉じたネットワークで利用する範囲であれば、SSLを設定しなくても危険は少ないだろう。

 SSLは、Ubuntuで標準インストールされる「OpenSSL」を使う。署名付き証明書を使ってデータを暗号化/復号化する仕組みである。設定手順が長いので、大まかな手順を図1にまとめておいた。

図1 SSLを設定するための手順
(1) 鍵や証明書を保存しておくディレクトリを作成する
(2) 暗号化/ 復号化で利用する「秘密鍵」(拡張子は「.key」)を生成する
(3) 生成した秘密鍵に対応した証明書を発行するための「CSR」(証明書署名要求。拡張子は「.csr」)を生成する
(4) 秘密鍵とCSR を使って「サーバー証明書」(拡張子は「.pem」)を発行する
(5) 秘密鍵のパスフレーズを削除する
(6) Web サーバーでSSL 通信できるように設定する

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら