これからは、Google App Engine(以下、App Engine)の環境でデータベースを操作してみましょう。App Engineで使用できるデータベース管理システムは「Datastore(データストア)」と呼ばれます。リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS、Relational Database Management System)とは違う、キーバリュー型(Key Value Store、KVS)」のデータベース管理システムです。

 Datastoreは、これまで一般的だったRDBMSとは異なる設計思想を持っています。RDBMSのような複雑なフィルタで条件を指定できませんし、トランザクション処理も限定した範囲でしか使用できません。さらにRDBMSでは、一つのレコードに複数のフィールドがありましたが、Datastoreでは基本的に一つのレコードに「Key(キー)」と「Value(バリュー)」しかありません。

 データベースをこれまで使ってきた人はびっくりしたかもしれませんが、今挙げた特徴さえ押さえておけば、あまり難しく考える必要はありません。単純なCRUD操作であれば難しくないので、実際にプログラムを動かして雰囲気をつかみましょう*1

EclipseにGPEをインストール

図1●Eclipseのパースペクティブを「Java」に切り替えておく
[画像のクリックで拡大表示]
図2●Google Plugin for Eclipseのインストール。「Plugin」と「SDKs」の両方にチェックを入れる
[画像のクリックで拡大表示]

 今回もEclipseを使います。すでにEclipseをインストールした人は、そのEclipseを使っても構いません。今回から読み始めた人は、EclipseのWebサイトにある「Eclipse IDE for Java Developers」を、使用しているオペレーティングシステムに合わせてダウンロードしてください。Eclipseを起動したら、メニューの「Window」→「Open Perspective」から「Java」を選択してJava開発用のパースペクティブに切り替えておきましょう(図1)。

 次に、Datastoreを含むApp Engine for Javaの開発用プラグイン「Google Plugin for Eclipse(以下、GPE)」をインストールします。Eclipseのメニューから「Help」→「Install New Software」を選択して、プラグインのインストールを行うダイアログを表示します。Work withの欄に、「http://dl.google.com/eclipse/plugin/3.7」と入力して、Enterキーを押します*2

 「Pending...」としばらく表示されますが、待っていると「Plugin」と「SDKs」の二つの項目が表示されるはずです(図2)。両方にチェックを入れて「Next」をクリックし、プラグインをインストールしてください。プラグインが問題なくインストールされると、Eclipseのツールバーに後述するGPEのアイコンが並びます。

 GPEは、App Engineの各種サービスを使用したコーディング、ビルド、テストをローカル環境で実施したり、クリック一つでWebアプリケーションをApp Engineのクラウド環境にデプロイ(配置)したりできるプラグインです。さらに、EclipseにGPEのプラグインを入れるだけで、サーブレットとJSP(JavaServer Pages)の実行環境やDatastore機能を提供するAPI(Application Programming Interface)群などが使えるようになります。

 また、ローカル環境で動作する開発用のWebサーバーを備えているため、クラウド環境にデプロイする前にローカル環境でテストできます。ここでは、主にGPEが提供するローカル環境でプログラミングをしていくことにします。

プロジェクトの作成

図3●ツールバーに現れるGoogle Plugin for Eclipseのアイコン
[画像のクリックで拡大表示]
図4●「New Web Application Project」画面。「Use Google Web Toolkit」のチェックを外す
[画像のクリックで拡大表示]

 最初に、App Engine for Javaのプロジェクトを作成します。まずは、図3の一番左にあるGoogle Development Toolsのアイコンをクリックし、「New Web Application Project」を選んでください。

 図4の「New Web Application Project」画面が出てくるので、Project name欄に「CurryServer」、Package欄を「net.vvakame.curryserver」とします。「Google SDKs」のパネルにある「Use Google Web Toolkit」のチェックは外します。「Use Google App Engine」だけがチェックされた状態ですね。入力が終わったら「Finish」ボタンを押しましょう。これでApp Engineのプロジェクトのひな型が自動生成されるはずです。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら