「Adobe、モバイル端末向けFlashの開発を終了へ、HTML5に注力」というニュースが2011年11月10日、飛び込んできた。「Flash Player 11.1」最後に、Androidおよび「BlackBerry PlayBook向けFlashの開発を終了、今後のアップデートはバグフィックスのみとするという内容だ。Adobeは「今や幅広い主要モバイル端末がHTML5をサポートし、一部の端末はHTML5のみに対応している。このことから、複数のモバイルプラットフォームのブラウザーにおいてコンテンツを作成および配信するには、HTML5が最良の方法となっている」というコメントを発表した。

 モバイルアプリやモバイル向けサイトの開発者には大きな影響があると考えられるニュースに、コミュニティサイトAndroid Developer Loungeでは今後の展開をめぐって考察や議論が交わされた。

発表文では、モバイル向けにはAIRを使ってね、というメッセージも出ていたと思います。

「現時点~近い将来」のFlashデベロッパーがモバイル向け(Android含む)に開発する場合、FlashではなくてAIRを使ってね、ということですよね。実際、現時点ではAndroidブラウザ+Flashの組み合わせはちょっと快適とは言いがたいと思います。

さらに、近い将来以降はHTML5ベースの開発環境にシフト(Flashデベロッパーに馴染みやすいようなツールで?)という事なんでしょうね。

hoshiさん「モバイル端末向けFlashの開発ストップ」

見落としていました。発表資料のタイトルは
Flash to Focus on PC Browsing and Mobile Apps
ですね。

しかしそれでも、少なくともモバイル分野に関してはFlashは終息の方向に向かっている印象は抜けきれませんね……。

少なくとも、hoshiさんのおっしゃるような形で、FlashクリエイターがうまくHTML5ベースの環境に着地できるような道筋は作ってほしいところです。

yoshitakさん「モバイル端末向けFlashの開発ストップ」

追記。アドビのMike Chambers氏がブログでモバイル向けFlashの方向性について、あらためて情報を発信しています。「Adobe AIRは成功事例が出てきている」として、「中止する予定のものは、(あくまで)モバイルブラウザ用Flash Playerプラグインの開発」と強調しています。

モバイル機器とPCとでは環境が違うこと、それからiOSでFlashがサポートされないことなどの状況を鑑みて開発を中止した旨について、分量をかなり割いて書かれていました。

「基本的にユーザーは、モバイル機器ではリッチコンテンツをアプリケーション上で楽しむことを好む。よって、モバイル機器でのFlash Playerに対する需要はデスクトップほどは大きくない」とのこと。まあ、これは妥当な見方かもしれません。

yoshitakさん「モバイル端末向けFlashの開発ストップ」

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら