写真1●Tegra 3のスペック
Tegra 3は、Tegra 2よりも高性能ながら、省電力であるのが特徴である。右はダイ写真。中央に見える黄色い部分がCPUコア。出典:米NVIDIAの資料より抜粋
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●Tegraシリーズのロードマップ
Tegra 3のコードネームはKal-El。出典:米NVIDIAの資料より抜粋
[画像のクリックで拡大表示]

 米NVIDIAは2011年11月8日(現地時間)、最新のスマートフォン/タブレット用プロセッサである「Tegra 3」を発表した(写真1)。これは、同社が今年発表したロードマップのなかで「Kal-El」というコードネームで呼ばれていたものである(写真2)。実際にTegra 3を搭載する製品としては、台湾ASUSTeK Computerが12月に発売する予定の「Eee Pad Transformer Prime」(Eee Pad Transformerの後継機)が最初となる。

 強化点は、プロセッサが英ARMの「Cortex-A9」のクワッドコア(4コア)となった点とGPUの高速化である。Tegra 2はCortex-A9のデュアルコア(2コア)だったので、CPUの数が2倍になったことになる。さらにGPUを3倍高速化したことによって、NVIDIAはTegra 2よりも“5倍”の性能があるとしている。

写真3●Tegra 3が導入したVariable SMPの概要
スペックとしては4コアだが、「Companion Core」として低消費電力プロセスで作った五つめのCortex-A9コアを実装している。出典:米NVIDIAの資料より抜粋
[画像のクリックで拡大表示]

 Tegra 3は性能がTegra 2よりも向上しているだけでなく、コア数が増えたにもかかわらず省電力も実現している。Tegra 3が採用した省電力技術が「Variable SMP」である(写真3)。これは、低消費電力プロセスで作った五つ目のCortex-A9コアを使い、システムへの負荷が低い場合には、このコアでのみ動作させることで、より消費電力を小さくする。この五つ目のコアを「Companion Core」(コンパニオンコア)と呼ぶ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら