ソーシャルメディア炎上事件簿の第3回はネットマイルの“架空面接”事件。同社は、米グーグルが“フェイスブック対抗”として開設したSNS「グーグル+(プラス)」で早速“炎上”第1号となった。社員が個人アカウントで面接を実況中継。批判を受け、「架空の面接」だったと釈明。早期のお詫びと研修内容の公開で、騒ぎは鎮静化したが…。

 フェイスブックページを舞台にした企業の“炎上”事件として、海外ではネスレなどがターゲットになったが、国内企業ではニュースになるほどの大きなトラブルはまだない。

 今はちょうどフェイスブックページ開設ラッシュの時期で、今後は増えていくに違いない――。そんな見方も出ていた矢先、そのフェイスブック対抗と目される「グーグル+(プラス)」で早くも事件が起きた。グーグルが6月末にサービスを開始したばかりのSNSである。

「ひどい会社だ」と批判の声、抗議メール50通

 “火元”となったのは、ネット上のポイントサービスを運営するネットマイル(東京都千代田区)。「採用の面接官が応募者を罵倒しながら、リアルタイムでその面接の様子を垂れ流している」としてネット上で騒ぎになった。企業アカウントではなく、同社の20代男性社員のアカウントでの出来事だった。

 8月9日の16時過ぎ、この社員が「30歳の年齢で専門学校を今度卒業する人が新卒の面接に来た…どうしようw」「あと5分したら面接してあげないとw」などと書き込み、面接の様子をノートパソコンで“実況”開始。

問題となった“架空面接”のリアルタイム投稿
[画像のクリックで拡大表示]

 「なんで社会人をやって、また電子系の専門学校へ入学したのか質問中」「噛みまくりだよww」「声が小さい」「5年のブランクは不問にしてる。どうせニートだろうからww」といった具合に、質問内容やその回答を交えながら、面接相手を中傷した。

 実況は16時20分前から17時10分ごろまで約50分間続き、フォロワーからも、「あははは!!やっべえ仕事場で声出して笑いそう!!実況おもしろいーー」「こりゃ駄目だなw」など、“合いの手”が入った。

 この件が同日夜からネット上を駆け巡り、ネットマイルに対して「ひどい会社だ」「面接の内容は守秘義務に該当しないのか?」といった批判が相次いだ。同社には約50通の抗議メールが届いたという。

 この騒動を受けて同社は翌10日の早朝、自社サイトにお詫びを掲載した。「意外と早い火消し」「対応早いな」など一部では評価の声が上がった。

 しかしながら称賛よりずっと多かったのが、お詫びの内容に疑義を唱える声だった。「SNSに書き込まれた『面接の実況』は架空のものであることが判明いたしました」という同社の調査結果に納得がいかない声が、ツイッター上で見る限り多数派。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら