前回はWeb Platform Installerをインストールして、そこからWordPressを導入しました。今回は、同時に導入したWebMatrixを使ってWordPressを起動するところから始めましょう。

[8]WordPressを起動する

図1●WebMatrixの初期画面
[画像のクリックで拡大表示]
図2●WordPressの初期設定画面
[画像のクリックで拡大表示]

 WebMatrixが起動すると、図1のような画面が表示され、既にWordPressが実行可能な状態になっています。画面中央のURL欄からリンクをクリックするか、リボンメニューの[実行]ボタンをクリックしてください。

 IIS Expressとブラウザが起動し、WordPressの初期設定画面(図2)が表示されますので、ブログタイトルとメールアドレスを入力した上で、画面下の[WordPressをインストール]ボタンをクリックします。すると、「成功しました!」と書かれた画面が表示されますので、パスワードを控えた上で[ログイン]ボタンをクリックします。続いて表示されたログインページ(図3)で、前ページのユーザー名/パスワードを入力して、WordPressにログインします。WordPressの管理画面(図4)が表示されれば、ログインには成功しています*1

図3●WordPressのログインページ
[画像のクリックで拡大表示]
図4●WordPressの管理画面
[画像のクリックで拡大表示]

[9]WordPressをアップデートする

 2011年2月初旬時点では、デフォルトでインストールされるWordPressのバージョンは2.9.1です。しかし、図4の表示の通り、その時点での最新バージョンは3.0.4です(2011年11月上旬時点では、3.2.1が導入されます)。バージョン3では機能も大幅に強化されていますので、この際、アップデートしておきましょう。アップデートの方法もカンタン、画面上部の[アップデートしてください]リンクをクリックし、その次の画面で[自動アップグレードを実行]ボタンをクリックするだけです。「WordPressのアップグレードを完了しました。」のように表示されれば、アップデート処理は正しく終了しています。

 以上でWordPressのインストール、初期設定は完了です。いかがですか。実際に手を動かして作業してみればおわかりのように、ここに至るまでインストールの時間を合わせても10~20分程度しかかからなかったはずです。PHPやMySQLなどを個別に入手してインストールしていくことを考えれば、格段に簡単になっています。

 次回は、WebMatrixを用いたサイト管理について説明します。

山田 祥寛(やまだ よしひろ)
WINGSプロジェクト
我が家の息子(3歳)、ハナ(ハムスター♀)に噛まれる! 大泣きしていたので、ショックでしばらく近寄らないかと思っていたら、「ハナちゃん、噛んじゃ…ダメ!」とケージに向かって何度も諭していた。…仲良くね。http://www.wings.msn.to/
出典:日経ソフトウエア 2011年04月号 pp.78-80
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。