図1●Web PIのダウンロードページ
[画像のクリックで拡大表示]

 前回は、Microsoftが提供する「Web Platform Installer」のメリットと、オープンソースアプリケーションの開発運用ツールである「WebMatrix」を紹介しました。

 論より証拠、ここからは実際にWeb PIを利用して、PHPで動作するブログアプリ「WordPress日本語版パッケージ」をインストールしてみましょう。Web PIはMicrosoftのページ「Download the Microsoft Web Platform」から入手できます(図1)。

[1]Web PIをインストールする

図2●Web PIのインストール選択画面
[画像のクリックで拡大表示]

 Web PIそのもののインストールは普通のWindowsアプリと同じです。特に迷うところはないでしょう。ダウンロードしたwpilauncher.exe(2011年11月上旬時点では、wpilauncher_3_10.exe)をダブルクリックすると*1、インストール可能な製品リストをダウンロードした後、図2のようなインストール選択画面が起動します。

[2]インストールオプションを設定する

図3●[オプションの変更]ダイアログ
[画像のクリックで拡大表示]

 インストール選択画面の下、[オプション]リンクからインストールオプションを確認しておきましょう。[オプションの変更]ダイアログ(図3)では、使用するWebサーバーや言語の設定ができるようになっています。

 ここで少しだけ気にしておきたいのはWebサーバーの設定です。Web PIではアプリケーションを動作するためのWebサーバーとして、IISとIIS Expressに対応しています。IISは言わずと知れたWindows標準のWebサーバー、IIS Expressはその互換サーバーです。IIS 7.5と互換性を持ちながら、起動に管理者権限を必要とせず、手軽に利用できるのが特徴です。開発目的でのインストールであれば、まずはIIS Expressを利用しておくようにすればよいでしょう。ここでIIS、IIS Expressいずれを選択するかによって、自動的にインストールされるソフトウエアも変化しますので、要注意です。

[3]インストールするパッケージを選択する

図4●WordPress日本語版パッケージを選択
[画像のクリックで拡大表示]

 [オプションの変更]ダイアログを閉じたら、最初のインストール選択画面で「WordPress日本語版パッケージ」を追加しておきましょう(図4)。ダイアログ上の[アプリケーション]リンクを選択すると、インストールできるアプリケーションの一覧が表示されます。ダイアログの左にはカテゴリが並んでいますので、[ブログ]を選択してリストを絞り込んでおくと、目的のソフトウエアが見つけやすくなります。

 インストールするパッケージの選択には、製品名の右側の[追加]ボタンをクリックします。いったん選択したパッケージを解除するには[削除]ボタンをクリックしてください。また、インストール済みのパッケージは[インストール済み]というラベルが表示されているはずです。

 インストールに際して、合わせてインストールされる依存ソフトを確認するには、ダイアログ左下の[インストールするアイテム]リンクをクリックします。先ほども述べたように、WebサーバーとしてIIS、IIS Expressいずれを選択するかによって、インストールされるソフトウエアも大きく変化します(表1)。IISを選択している場合にはIISの依存コンポーネント一式が、IIS Expressを選択している場合にはIIS Express本体と共に開発環境であるWebMatrixや、開発を目的としたソフトウエア一式が、それぞれインストールされることが確認できるでしょう。

表1●インストールオプションによる依存ソフトウエアの違い。IISを選択した場合は本番環境での動作に必要なソフトウエアが、IIS Expressを選択した場合は開発に必要なソフトウエアがインストールされる(バージョンは2011年1月末時点のもの)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら