ユーザーにとって従来型携帯電話(フィーチャーフォン)を購入するか、スマートフォンに買い替えるかを検討するのは普通のことだろう。企業側にとっても、フィーチャーフォンとスマートフォンを比較してモバイル市場を把握をしたり、戦略を考えたりするケースが多い。

 しかし、スマートフォンとフィーチャーフォンの二つだけを比較して戦略を考えても、その視点は非常に限られたものとなってしまう。スマートフォンのポイントの一つにネットの使いやすさが挙げられる。人によってはスマートフォンを「持ち歩けるWeb環境」と呼ぶ。これを考えると、影響を受けるのは、フィーチャーフォン市場以上にパソコン市場なのかもしれない。

 実際、スマートフォンの存在で、ネット接続環境が大きく変わり、ユーザーのパソコンとの接触機会に変化が出ている。この変化はパソコン広告/アプローチの価値の低下、スマホプロモーション価値の向上といった評価につながる。アンケート結果からスマホユーザーのパソコン離れの現状などを見ていく。

 アンケートの調査方法はスマートフォンのユーザーが、スマートフォンから回答する手法であるスマホリサーチ(関連記事)を利用。有効回答数は902件である()。

調査概要スマートフォン所持によるパソコン利用の変化
主催モバイルマーケティング・ジャパン、ネットマイル
対象ユーザー「スマホリサーチ」パネル(共通ポイントプログラム「ネットマイル」会員約 450万人の中から抽出したスマートフォンユーザー)
調査期間2011年10月8日~11日
方式インターネット調査(回答はすべてスマートフォンから得たもの)
有効回答数902

スマートフォンを持ち始めて「パソコンですること」が減少

 スマートフォンを持ち始めて、パソコン利用にどのような変化があったか聞いたところ、今回の調査の有効回答数902件中、約半数に当たる438人がパソコンの利用時間や「パソコンですること」が減ったと回答した。特に「個人用のパソコンを使う頻度が減った」人の割合は、変化があったと回答した人の63.6%にもなった(図1)。検索やネットショッピングなど「個人用のパソコンですることが減った」と回答した人も41.4%と高い。パソコンをわざわざ立ち上げずとも、スマートフォンのネット環境で補えてしまうことが非常に多いのだ。

図1●スマートフォンの所持によるパソコン利用での変化
図1●スマートフォンの所持によるパソコン利用での変化

 このアンケート結果だけを見ても、パソコン環境で消費者がネットを閲覧する時間/目的の減少と、その価値(PCウェブサイト広告やプロモーションなど)の低下が示唆され、PC/スマホともに広告出稿者や代理店、その他関連会社に与える影響は、ますます大きいものとなってくると予測される。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら