都道府県CIOフォーラム第9回年次総会の様子

 都道府県CIOフォーラムは、第9回年次総会を2011年9月1日・2日の両日にわたって熊本市で開催した。今回のメインテーマはBCP(業務継続計画)。3月11日に発生した東日本大震災で大きな損害を被った東北3県の報告を皮切りに、システム構築方法やクラウドサービス、ソーシャルサービスなどの活用も含めて、都道府県のBCPはどうあるべきかについて、熱の入った意見や質問が飛び交った。
(構成:本間 康裕=プロジェクト推進部、写真:浦川 祐史)

■「都道府県CIOフォーラム 第9回 年次総会」プログラム
9月1日(木) 初日
時間 内容
13:50~14:00 Opening Networking(名刺交換会、展示コーナーご案内)
14:10~14:20 開催県挨拶 熊本県企画振興部 部長 坂本 基氏
14:20~14:35 会長挨拶、議事
14:35~15:15 基調講演
「自治体クラウドについて ~東日本大震災の教訓も踏まえた今後の展開」
総務省 地域力創造グループ 地域情報政策室長 濱島 秀夫氏
15:15~15:30 協賛社講演
「自治体情報システムにおける災害への備え」
日立製作所
15:30~15:45 協賛社講演
「高まるBCPニーズにお応えするクラウドを活用したNTT西日本の取組について」
NTT西日本
15:45~16:00 協賛社講演
「東日本大震災における日本IBMの取り組み ~自身の初動対応から被災地支援活動まで」
日本IBM
16:00~16:20 (休憩、展示コーナーご案内)
16:20~18:30 ディスカッション1
「震災から学ぶBCP ――(1)緊急時初動対応のあり方
18:40~19:30 Reception(情報交換会)
9月2日(金) 2日目
9:00~9:15 Opening Networking(展示コーナーご案内)
9:15~9:25 初日の総括
都道府県CIOフォーラム会長(熊本県情報企画課 情報企画監) 島田 政次氏
9:25~10:40 ディスカッション2
「震災から学ぶBCP ――(2)復旧・復帰の勘所」
10:40~11:00 (休憩、展示コーナーご案内)
11:00~11:15 協賛社講演
「空間情報ソリューションによる東日本大震災復興支援」
NTT空間情報
11:15~11:30 協賛社講演
「ICT部門のBCP ~新たな留意点と早期復旧のカギとは」
トレンドマイクロ
11:30~11:45 迷惑メール対策説明
「送信ドメイン認証技術の導入推進について」
迷惑メール対策推進協議会
11:55~12:50 Lunch(情報交換会)
13:00~15:00 ディスカッション3
「BCPツールとしてのクラウド/ソーシャルサービスの効用と課題」
【報告】 クラウド/ソーシャルサービス活用団体:高知県・鳥取県
15:00~15:20 総括&閉会の挨拶
都道府県CIOフォーラム会長(熊本県情報企画課 情報企画監) 島田 政次氏
* 発言者の肩書きは会合開催時のものです。
後援:総務省、全国知事会、地方自治情報センター(LASDEC)、全国地域情報化推進協会(APPLIC)
協賛:日立製作所、日本IBM、NTT空間情報、NTT西日本、トレンドマイクロ、日本マイクロソフト、富士通

都道府県CIOフォーラムとは
都道府県および関係団体のCIO(最高情報責任者)または情報化推進責任者で構成する任意団体。相互の情報共有や民間IT企業も含めた意見交換を通じて、 IT 施策の推進に寄与することを目的に2003年8月26日に設立された。「日経BPガバメントテクノロジー」が事務局を務めている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら