図●ITpro EXPO AWARD 2011 のロゴ
図●ITpro EXPO AWARD 2011 のロゴ

 ITpro EXPO AWARDは、ITpro EXPOの展示会に出展された製品/サービスの中から、製品/サービスとして優れていると同時に、来場者にアピールするプレゼンテーションを行った製品を表彰する賞だ。日経BP社のIT/ネットワーク関連雑誌とWebメディアの編集部が共同で選出する。


IT/ネットワーク関連編集部が集結

写真1●ITpro EXPO AWARDの受賞盾
[画像のクリックで拡大表示]

 審査を担当するのは、日経BP社が発行するIT/ネットワーク誌、Webメディアの編集部だ。ITpro、日経コンピュータ、日経コミュニケーション、日経SYSTEMS、日経NETWORK、日経Linux、日経ソフトウエア、日経ニューメディアなどの編集部員が展示会場を回り、足で稼いだ取材情報をもとに注目製品をピックアップ。審査会議で議論して受賞製品を決定する。

 日経BP社だけではない。朝日インタラクティブの「CNET Japan」およびアイティメディアの「ITmedia エンタープライズ」もそれぞれ、メディアの編集方針に基づいた独自の視点で「CNET Japan賞」と「ITmedia エンタープライズ賞」を選出する。

写真2●昨年のITpro EXPO AWARD 2010 大賞を受賞したNTTデータの「Lindacloud」
[画像のクリックで拡大表示]

 昨年のITpro EXPO AWARD 2010 大賞を受賞したのはNTTデータの「Lindacloud」。NTTデータが初めてハードウエア製作から手がけて開発した大規模分散処理システムだ。ITpro EXPO 2010の展示会場では、フルラック35ユニット(140CPUコア)、大量分散データ検索、NAS、シンクライアント、などのデモンストレーションを行い、分散処理による拡張性や省電力性を来場者にアピールした。

 特別賞には、シスコシステムズ、EMCジャパン、ヴイエムウェアという、ネット機器、仮想化、ストレージの代表的な企業3社のコラボレーションによるプライベートクラウド基盤パッケージ「Vblock Infrastructure Package」が選ばれた。ITpro EXPO 2010ではパートナー企業5社と共同で、リソースを動的に変更する様子、障害時にサービスを復旧するディザスタリカバリーなどをデモした。

 優秀賞は東京エレクトロン デバイスの10Gbイーサネットスイッチ「Arista 7000シリーズ」、NTT西日本のクラウド対応デバイスサーバー「N-TRANSFER」、富士通の基幹系SaaS「GLOVIA smart 会計 きらら」、ソニービジネスソリューションの仮想プライベート型クラウドサービス「マネージドイントラネット」が受賞。

 CNET Japan賞にはサイボウズのスマートフォン向けグループウエア連携アプリ「サイボウズモバイル KUNAI」、ITmedia エンタープライズ賞にはAmazon Data Services Japanクラウドサービス「Amazon Web Services」が選出された。

1日目に審査、2日目以降受賞ブースに掲示

 審査は展示会の初日である10月12日に行われ、2日目以降、選定された製品/サービスの出展者ブースには、AWARDのポスターや盾が置かれ、受賞がアピールされる。

 受賞作品は、ITpro Webサイト上でも「受賞製品/サービス レビュー記事」として詳しく紹介していく。