これからWebアプリを開発するなら、ともに最新版となるRuby 1.9とRuby on Rails 3の組み合わせが有力候補の一つになることは間違いないでしょう。本格実用期を迎えたRails 3の特徴を学びながら、サンプルとしてなるべく実用的な勤務情報管理アプリを作ってみましょう。これにより、MVC(Model-View-Controller)モデルを用いたWebアプリケーションがより身近かになるでしょう。

目次

出典:日経ソフトウエア 2011年7月号 pp.64-78
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。