Rubyでマルチプラットフォーム対応モバイルアプリケーションを開発できるオープンソースソフトウエア「Rhodes」を解説する連載。第2回となる今回は、Rhodesの開発環境の構築と、「名前・住所・電話番号・メールアドレス」などの登録ができる簡単な名簿管理アプリケーションを作成してみる。

完成イメージ(データ入力画面)
[画像のクリックで拡大表示]

 それでは早速、必要な環境の構築から始めよう。

必要な環境

 Windows、MacOS X、LinuxとそれぞれのOSで開発することができるが、本連載ではWindowsを対象として環境構築を行う。また、対象とするプラットフォームはAndroidとする。

・OS
 Windows XP/Vista/7

・必須アプリケーション
 JDK 1.6.0_2以降
 make 3.80以降
 Ruby 1.8.7以降
 RubyGems 1.3.4以降
 AndroidSDKなどの各プラットフォーム用SDK

Rhodesのインストール

 RhodesのインストールにはRubyやmakeコマンドなどをインストールする必要があるが、Windowsの場合は「Instant Rhodes」というインストーラが用意されており、JDKと各プラットフォームのSDK以外はインストーラによって簡単に導入することができる。インストーラはRhodes公式サイトからダウンロードすることができる。ファイルのダウンロード終了後、インストーラーのウィザードにそってインストールを行う。

・ダウンロードURL:
http://rhomobile.com/instant-rhodes
※URLをクリックするとすぐにダウンロードが始まる

・ファイル名
instant_rhodes_3.0.2-p1.exe(8月24日現在)

 既にRubyの環境が構築されている場合、環境が上書きされる恐れがあるので、インストール時に環境変数やインストール先を変更する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら