自宅などにある私物のパソコン(PC)から業務システムを利用できれば、社員にとって利点は多い。だが、セキュリティ対策はどうすべきか。日経コンピュータ誌が勧める方法は、私物のPCを「シンクライアント化」すること。私物PCから会社のPCを遠隔操作できるようにするのだ。その具体的な実現方法は3パターンある。

 私物のノートPCやデスクトップPCの業務利用を認める場合に考慮すべき点は、スマートフォンより多い。ウイルス対策ソフトの導入やファイル交換ソフトの利用禁止、VPN(仮想私設網)利用による社内システムへの接続など、基本的な対策方法は会社支給のPCと同じだ。

 とはいえ、対象が私物であるため、どこまで会社が関与すべきか、また強制できるかの線引きは難しい。「個人の協力を得ながら、働き方を変える」という目的を実現するには、個人の権利を侵害せずに、会社の情報を守ることを両立させる必要がある。

 これを実現するために日経コンピュータ誌が勧める方法は、私物PCをシンクライアント化することだ。シンクライアント化した端末を使い、会社のPCを遠隔操作する。私物PC上に仕事の画面は表示されるが、それぞれは論理的に切り離されている。そのため、会社のPCのデータが私物PCを通じて社外に漏えいすることもなければ、私物PCにある個人の写真やメールが会社側に漏れることもない。テレビのスイッチを入れるような感覚で手軽に会社のPCと私物のPCを切り替えられるため、従業員の負担も少ない。

 東日本大震災が起きる前までは、シンクライアントとして使うPCも会社が支給するケースが多かった。しかし、震災を機に「そもそもPCを配布できない」ことに直面した企業は多く、私物PCの利用解禁に踏み切る企業が相次いでいる。この夏の節電対策の一環で在宅勤務制度を導入する企業では、経費を抑えるために私物のPCをシンクライアント端末として使うケースもある。

シンクライアント化は3パターン

 私物のPCをシンクライアント化する方法は、どのPCを遠隔操作するかによって三つのパターンに分かれる(図1)。一つめは会社の自席にあるPCにログインして遠隔操作する方法、二つめはクラウドサービスであるDaaS(デスクトップ・アズ・ア・サービス)を利用する方法、三つめは自社内に仮想PC向けのサーバーを設置する方法である。

図1●私物のPCをシンクライアントとして利用する方法
個人所有のPCが内蔵するハードディスクにはデータを残さないため安全である。
[画像のクリックで拡大表示]

 いずれの方法を採用する場合でも、私物のPCをシンクライアント化するツールが必要になる。NTTアドバンステクノロジの「WarpDesk」のようにCD-ROMからソフトをインストールするものや、ビズモバイルの「L2Connect Valente」のようにUSBメモリー型のデバイスを使ってPCをシンクライアント化するものなど、さまざまな製品がある。

 以下では、図1に示した私物のPCをシンクライアントとして利用する三つのパターンについて、その仕組みやメリット/デメリットについて紹介する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら