2011年5月1日~8月7日で、アクセス数が多かったソーシャルメディア関連記事(記事タイトルに、関連企業名やソーシャルメディア関連の単語があるもの)を調べた。そのベスト20を紹介しよう。

 20本の内訳を見ると、(1)米ツイッター関連が5本、(2)米フェイスブック関連が6本、(3)米グーグル関連が6本、(4)その他が6本となった(一部、重複あり)。以下、この分類別に話題の傾向を探る。

(1)ツイッター関連

 ツイッターに関して一番読まれたのは、Twitter、広告ツイートをタイムラインに表示だった。

 ツイッター幹部は、広告による収益モデルについて2009年までは否定的な発言をしてきた(「収益化は広告ではなく企業向け付加機能で」,Twitter創業者)。その後、2010年に検索結果画面に広告を表示するモデルを取り入れ(Twitter、広告サービス「Promoted Tweet」を導入)、今回でついに、タイムライン画面での広告表示に踏み切ったことになる。

 なお、筆者がネットを検索して、この記事に対する感想のつぶやきをざっと観察してみると「予想された動き」と淡々と受けとめる声は多いものの、「邪魔になりそう」など否定的なつぶやきも見かけた。この広告収益モデルをどう定着させていくか、ツイッターは難しいかじ取りを迫られていく可能性がある。

 このほか、アプリケーションの話題もよく読まれている。手足や発声が不自由なユーザー向けTwitterクライアントの話題(息を吹きかけて文字入力できるTwitterアプリ、iPad用)や、iモード端末向け公式アプリ開発表明(NTTドコモが米Twitterと戦略的提携)などだ。
 
 ランク外だったものの、この3カ月で比較的読まれていたTwitterアプリケーション関連記事をほかに挙げておく。

NECビッグローブが「BIGLOBEメール」でTwitter連携

Yahoo! JAPANでつぶやきの即時検索が可能に

Facebookアプリ「everevo」がフォロワーへの一括送信機能

iPhone向け「Tweet ATOK」用の機能強化ソフト

TVガイドのTwitter連携アプリ、つぶやき共有し視聴促進

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら