前回までで画面の作成が終わった。いよいよ動作の設定にとりかかる。ここで使用するのは「Blocks Editor」と呼ぶ画面だ。

(4)Blocks Editorの設定

 Blocks Editorはどのようなアクションをさせるかを決める画面だ。

 今回のアプリでは、動作は大きく3つに分けられる。動作別に設定を行う。

<3つの動作>

1.音声認識機能を使用したあとの動作

2.ツイートボタンを押したときの動作

3.音声認識ボタンを押したときの動作

[画像のクリックで拡大表示]

1.音声認識機能を使用したあとの動作

  認識した音声の内容をテキストボックス「SendTextBox」に表示させる動作を設定する。

Blockの種類 場所 説明
SpeechRecognizer.AfterGettingText MyBlocks→SpeechRecignizer 音声認識機能を使用した後の動作。また、変数「Result」が作られ、認識した内容が入っている
SendTextBox.Text MyBlocks→SendTextBox SendTextBoxの文字設定。Toに音声認識の結果である変数「Result」(MyBlocks→My Definition)を置く
result MyBlocks→My Definition 音声認識で認識した内容。SendTextBox.Textの横に置く

 これにより、音声認識を使用したあと、認識した内容は変数Resultに置かれ、テキストボックス「SendTextBox」に表示される。

2.ツイートボタンを押したときの動作

 ツイートボタンを押したとき、Twitterを認証し、テキストボックス「SendTextBox」に書かれた内容をツイートし、送信が完了しましたとアラートを立てる動作を設定する。

Blockの種類 場所 説明
Twit_Button.Click MyBlocks→Twit_Button Twit_Buttonを押したときの動作設定
SendTextBox.Text MyBlocks→SendTextBox SendTextBoxの文字設定
result MyBlocks→My Definition 音声認識で認識した内容。SendTextBox.Textの横に置く
Twit_Button.Click MyBlocks→Twit_Button Twit_Buttonを押したときの動作設定

3.音声認識ボタンを押したときの動作

 音声認識ボタンを押した時の動作を設定する。

Blockの種類 場所 説明
recButton.Click MyBlocks→recButton recButtonを押したときの動作設定
SpeechRecognizer.GetText MyBlocks→SpeechRecognizer 音声認識機能を立ち上げ、認識した内容を文字にする

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら