App Inventorの導入

 それではApp Inventorを導入しよう。App Inventorを使うための環境は以下のとおりだ。

OS環境 Macintosh(with Intel Processor):Mac OS X 10.5、10.6、Windows:Windows XP、Vista、7、GNU/Linux:Ubuntu8+、Debian5+
ブラウザ環境 Mozilla Firefox 3.6以上、Apple Safari 5.0以上、Google Chrome 4.0以上、Microsoft Internet Explore 7以上
Java環境 JRE(Java Runtime Environment) 1.6以上(こちらよりダウンロード可能
App Inventor Setup Software こちらのページの最下部よりダウンロード可能
Googleアカウント Googleアカウントが必要

 インターネットを閲覧するブラウザ、Java(JRE)、App Inventor SetUp SoftWare、Googleアカウントがあれば使えるようになる。準備が完了したら、App Inventorトップページ→「My Projects」を押すと導入できる。

アプリの作成

 今回、サンプルアプリとして「App Inventorで作るツイートアプリ」を作成する。名前のとおり、Twitterにツイートするアプリだ。テキストボックスの内容をTwitter上にツイートする。音声認識機能を使い、認識した声を投稿できる機能も付けてみる。音声認識ボタンを押すと音声認識が立ち上がり、話した内容がテキストボックスに反映される。読者のみなさんも、ぜひトライしてみていただきたい。

(1) 新規プロジェクトを作成

 まず、App Inventorトップページから右上にあるMy Projectsを押す。

 新規プロジェクト作成は、プロジェクト一覧画面より右上にある「New」ボタンを押し、プロジェクト名を入力し「OK」ボタンを押せば完了だ。

※今回、「furifuri」をプロジェクト名とする。また、日本語は入力できないため注意する。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら