Coronaは、Ansca Mobileのホームページから入手できる。Coronaのページから「Download」をクリックし、必要なユーザー登録を行うとCoronaのダウンロードページが表示される。

図4●Coronaのページ
[画像のクリックで拡大表示]
図5●ダウンロードページ
[画像のクリックで拡大表示]

 現在のところ、CoronaはWindows版とMac版があり、いずれも体験版は無料でダウンロードできる。Ansca MobileはCoronaをライセンス形式で販売しており、ライセンス料は年間199ドル(Android用又はiOS用のみ)または349ドル(Android/iOS用)だ。

 ライセンスを購入済みのCoronaと、体験版のCoronaの違いは、実際の端末用のアプリケーションファイルを出力できるかどうかで、体験版ではアプリケーションファイルを出力することができない。そのため、体験版での開発は、Coronaのシミュレーター上で行うこととなるが、GPSや加速度センサーといったシミュレーター上で扱うことのできない機能は、プログラミングしても体験版では再現することができない。また、iOS用のアプリケーションファイルの出力は、Mac版のCoronaのみで行うことができる。

図6●Coronaシミュレーター
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら