VMware vSphere 4.1では、既存ユーザーの声を取り入れ、「かゆいところへ手が届く」機能を多数強化している。具体的には「運用コストの削減」や運用負荷を減らすための「自動化」が柱だ。vSphere 4.1での強化点を紹介するとともに、他製品をしのぐ最新技術や自動化機能の詳細とその利用ノウハウを解説する。

出典:すべてわかる仮想化大全2011 pp.86-115
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。