前回はアイテムの検索結果を表示するリスト画面(ListView.mxml)を作成した。今回は初回に作成したホーム画面(HomeView.mxml)からリスト画面への遷移を実装していく。

ホーム画面からリスト画面へ

SearchボタンにClickイベント処理を追加

 まず、ホーム画面であるHomeView.mxmlをソースビューで開く。前々回に行った作業で、以下のようなコードになっていると思う。

[画像のクリックで拡大表示]

 ユーザーがSearchボタンをクリックすると、リスト画面に遷移するようにしたい。11行目のSearchボタンにClickイベントを処理する部分を以下のように追記する。

[画像のクリックで拡大表示]

 Flash Builderのコード補完機能を使って、Click ハンドラーを生成しよう。「click=""」の「""」の間にカーソルを合わせて、コード補完機能を呼び出する。コード補完機能の呼び出しは、CTR + Space(Win)/ CMD + Space(Mac)だ。

[画像のクリックで拡大表示]

 Enterキーで確定すると自動的にコードが追加される。

※「click=""」を記述する際にコード補完機能が自動的に呼び出される場合もある。その場合、例えば「cli」くらいまで入力すると補完候補が表示され Enter キーで確定させることで、一連の作業を一瞬で完了させることができる。もちろん、「cli」くらいまで入力して、自分でコード補完機能を呼び出しても同様だ。

 さて、この作業でコードは以下のようになる。

[画像のクリックで拡大表示]

 22行目のSearchボタンにclickイベント処理を行うメソッド「button1_clickHandler(event)」が指定された。指定されたメソッドは、5~13行目に自動生成されたブロック内に自動定義されたことが分かる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら