前回はホーム画面のレイアウトを作成した。今回はアイテムの検索結果を表示するリスト画面を作成していく。いよいよ価格.com Webサービスとも連携させるので、価格.comのAPIアクセスキーを取得していない場合は、利用申込を済ませて取得完了しておいてほしい。

価格.com Webサービスの設定

 まず、リスト画面を作成する前に、Webサービスの設定をしておく。Flash Builderには、Ver 4.0から「データとサービス」という新しいパネルが追加されている。デフォルトでは、Flash Builderのエディット領域の下に配置されている。

[画像のクリックで拡大表示]

 このパネルを使って、サーバー連携に関する面倒なコードやクラスをFlash Builderに自動生成させることができる。このパネルにある「データとサービスに接続…」というリンクをクリックしてみよう。

[画像のクリックで拡大表示]

 サーバー側のサービスタイプを選択するダイアログが表示された。今回はRESTのWebサービスを利用するので、HTTPを選択し、次へ進む。

[画像のクリックで拡大表示]

 このダイアログでは、接続したいHTTPサービスのリクエスト情報を設定する。つまり、URLとパラメータだ。

 価格.com Webサービスでアイテムを検索するためのURLとパラメータ情報は、商品検索APIのページに掲載されているので、自分の設定したいパラメータを決定する。このサンプルアプリケーションでは、キーワードを入力すると最大で20件の検索結果が表示されるようにしたいと思う。従って、使用するパラメータは以下の3つになる。

・ApiKey(必須)
・Keyword
・HitNum

 指定のURLとこれらのパラメータを使って「(液晶テレビの)BRAVIAというキーワードの検索結果を20件取得する」というリクエストをする場合、以下のようになる。

http://api.kakaku.com/WebAPI/ItemSearch/Ver1.0/ItemSearch.aspx?apiKey=XXX&keyword=bravia&hitNum=20

 XXXの部分は自分で取得したAPIアクセスキーに置き換えてほしい。これをブラウザで実行すると、BRAVIAに関する情報が20件ほど表示されると思う。表示されない場合は、APIアクセスキーやその他のパラメータを再度確認しよう。問題なく20件の情報が表示されたら、そのURLをコピーする。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら