サンプルアプリケーションとして、価格.comのWeb APIを使用して、商品の最も安い価格を検索するAndroidアプリケーションを作成する。商品の名前やキーワードを入力すると、キーワードに合致した商品情報が表示されるという簡単なアプリケーションだ。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 Flash Builder 4.5の体験版は、こちらからダウンロードできる。体験版は60日間試用できる。Flex SDK、AndroidのSDKやドライバなどは同梱されているので不要だ。

 Flash Builder 4.5はWindowsおよびMacOSで動作するが、今回はWindows XP上で開発する。MacOS上でも、全く同じ手順で開発することができる。

 価格.com Webサービスのページにある「価格.com WebサービスAPI 利用申込みページ」のリンクから申し込んで価格.com WebサービスのAPIアクセスキーを取得する。申し込むと数分内にAPIアクセスキーに関する情報が登録したメールに送られてくる。

 以上でAndroidアプリケーションを開発する準備が整った。

 インストールしたFlash Builderを起動して、以下の手順でAndroidアプリケーションを開発してみよう。起動時に体験版の使用を選択しても機能制限はない。

プロジェクトの新規作成

 まず、Flexモバイルプロジェクトを作成する。ファイルメニューから「新規>Flexモバイルプロジェクト」を選択する。

 以下のようなダイアログが開く。ここではプロジェクト名を「PriceCom」と入力する。

[画像のクリックで拡大表示]

 フルスクリーン表示するアプリにしたいので、アプリケーション設定のフルスクリーンにチェックを入れる。終了ボタンを押してダイアログを閉じる。

[画像のクリックで拡大表示]

 すると、PriceCom.mxmlとPriceComHomeView.mxmlの二つのファイルが自動的にエディター部分に開かれる。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら