Adobe AIRとは、異なるOSやデバイス上で共通に動作する無償のアプリケーションランタイム(実行環境)である。AIRランタイム上で動くアプリケーションは、Web制作で使われるHTML、JavaScript、Adobe Flash、Flex、ActionScriptを自由に組み合わせて開発でき、デスクトップコンピューター、ネットブック、タブレット、スマートフォン、テレビなど多種多様なデバイス上で動作する(図1)。

図1●異なるOSやデバイス上で動作する
[画像のクリックで拡大表示]

 AIRランタイムは、アドビ システムズ(以下、アドビ)のWebサイトから、Android向けのランタイムは、Androidマーケット からそれぞれ無償配布されているほか、デバイスによってはあらかじめインストールされて出荷されている。また開発キットであるAIR SDKも無償配布されている。

 2008年2月にWindows、Mac OS向けのAIR 1.0がリリースされ、その後Linux*1にも対応した。2010年にはAndroid、Blackberry Tablet OS、iOSやテレビに対応している。現在の最新バージョンはAIR 2.7(2011年6月14日にリリース)となっている。

*1 Linux向けは、AIR 2.6が最後のバージョンとなる。これは Linux向けデスクトップ版AIRのダウンロード数が、AIRの総ダウンロード件数の 0.5%に満たないことから、Linux向けの開発について見直しを行い、Linuxのためのリソースを今後はモバイル対応に費やすことになったためである。Linuxをサポートする最後のバージョンであるAIR2.6は、アーカイブ版ページで引き続きダウンロードが可能だ。

Adobe AIRがサポートする環境とランタイムの入手先

 記事執筆時点(2011年 7月)でAIRがサポートする環境とランタイムの入手先は以下の表1の通りである。

表1●Adobe AIR がサポートする環境とランタイムの入手
AIRがサポートする環境AIRランタイムの入手先
Windowsダウンロードセンター 
Mac OSダウンロードセンター
Linuxアーカイブ版ページ 
Google AndroidAndroidマーケット
BlackBerry TabletOSにプリインストールされ、BlackBerry Tablet OSに組み込まれている
Apple iOSiOS用AIRアプリケーションが「独自」バージョンのAIRランタイムをインストールするので、ユーザーは専用バージョンのAdobe AIRをインストールしない
テレビ *2Adobe AIR対応のテレビにはランタイムがプリインストールされる
*2 Adobe AIRが動作するテレビは現時点で日本国内で販売されていないが、韓国Samsung ElectronicsのSmart TVが2010年10月に対応を表明している

 AIRを実行できるOSの詳細情報は、アドビの必要システム構成ページにて確認できる。

 なお、Adobe AIRランタイムがプリインストールされていないデスクトップコンピュータでは、AIRアプリケーションを配布する Webサイトにシームレスインストールを作成することで、コンピューター内のAIRランタイムの有無を確認し、アプリケーションインストールの手順内にAIRランタイムのインストールを含めることが簡単にできる。

 また、AIRをサポートするAndroidデバイスにおいて、AIRランタイムがインストールされていない状態でAIRアプリケーションをインストールする場合は、AndroidマーケットからAIRランタイムをインストールするかどうかを問い合わせるメッセージが自動的に表示され、ユーザーは簡単にAIRの動作環境をセットアップできる仕組みがサポートされている。

採用例とダウンロード数

 日本国内でも多くのAIRアプリケーションが大手金融系や基幹系の業務アプリケーション、ユーティリティやゲームなど、様々な分野で採用されている。Adobe AIR Galleryには、その一部が登録されているほか、Androidマーケットにも多数のAIRアプリケーションが登録されている。

 2008年のデビューから現在までのAdobe AIRの総ダウンロード数は4億5千万以上となっている。なお、AndroidマーケットのAdobe AIRのページを見ると、Android向けのAIRダウンロード数は4万件を超えている。平均評価も4.4(5段階評価)となっている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら