System Center Virtual Machine Manager(SCVMM) 2008 R2は、仮想マシンの作成から仮想化ホストへの展開、実行制御、物理サーバーの仮想化、リソースの最適化、セルフサービスによる管理の委任などを提供する、大規模な仮想化インフラストラクチャや仮想化されたデータセンターの管理に特化した統合管理ツールです。

仮想化インフラストラクチャの全体管理

 SCVMM 2008 R2は、複数の仮想化テクノロジが混在する多数の仮想化ホスト、およびそれらの仮想化ホスト上で実行される多数の仮想マシンを効率的に管理するための管理コンソールおよび管理インターフェイスを提供します。SCVMM 2008 R2は、Hyper-V 2.0、Hyper-V 1.0、Microsoft Hyper-V Server、Virtual Server 2005 R2、およびVMware Infrastructure 3(VI3)のVMware ESX/ESXi Server 3の仮想化ホスト、および仮想マシンの管理に対応します。複数の仮想化テクノロジの混在環境を、同一の管理コンソールを使用して、同一の操作で一元的に管理することができるのが、SCVMM 2008 R2の特徴の1つです(図1)。

図1●SCVMM 2008 R2を使用すると、仮想化テクノロジの混在環境を単一のコンソールで一元的に管理できる
[画像のクリックで拡大表示]
ヒント:SCVMM 2008 R2を使用してVI3のVMware ESX/ESXi Serverホストを管理するためには、VirtualCenter Server 2.01または2.5を実行するVI3の管理サーバーが必要です。SCVMM 2008 R2は、VirtualCenterのWebサービスを介して、VMware ESX/ESXi Serverホストを管理します。
 SCVMM 2008 R2は、VMware vSphere 4のVMware ESX/ESXi Server 4を、vCenter Server 4を介して管理することもできますが、その場合、管理機能はVI3と同等のレベルに制限されます。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら