Microsoft Application Virtualization(App-V)は、マイクロソフトが2006年7月に買収したSoftricity社のSoftGridをベースに開発された製品です。アプリケーションの実行環境を抽象化し、クライアントOSから分離するアプリケーション仮想化テクノロジです。

 App-Vを使用すると、デスクトップアプリケーションをインストールしてカスタマイズした仮想アプリケーションの実行環境をパッケージ化し、クライアントに効率的に配信できます。仮想アプリケーションはクライアントにインストール不要で、キャッシュされるだけで実行可能となり、ローカルにインストールされたアプリケーションと変わらない応答性とエクスペリエンスをユーザーに提供します。アプリケーションの準備と展開、およびライセンスを中央で一元的に管理できます。

 デスクトップクライアント向けのApp-Vは、ソフトウェアアシュアランス(SA)で提供されるWindows 7 Enterpriseの購入者への特典として、サブスクリプション販売されているMicrosoft Desktop Optimization Pack(MDOP)for Software Assurance 2010 Refreshに含まれる製品の1つです(図1)。MDOPは、Microsoft Virtual Desktop Infrastructure Suiteの一部として購入することもできます。2011年3月にMDOP 2011がリリースされました。MDOP 2011には最新のApp-V Desktop Client 4.6 SP1、App-V Sequencer 4.6 SP1およびApp-V Server 4.5 SP2が含まれます。

関連サイト:Microsoft Windows Enterprise:Microsoft Desktop Optimization Pack

 RDS CALを取得している場合は、追加コストなし(MDOPの購入なし)でRDセッションホストのユーザーセッションにApp-Vの仮想アプリケーションを配信し、実行することができます。

関連サイト:Microsoft Application Virtualization for Remote Desktop Services 4.6

図1●App-V 4.6は、MDOPサブスクリプションまたはRDS CALの購入で利用できる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら